NISAからつみたてNISAへ移行した人の新型コロナウイルスショックによる問題

新型コロナウイルスショックの影響で、今年2020年が5年目の2016年分のNISAがマイナスになりそうだ。 2018年からつみたてNISAに切り替えているので、2016年がマイナスになったら、ロールオーバーできず、特定口座へ移行し、下落した価格が取得価額になってし…

思い出せなくていい~リメンバー・ミー

映画『リメンバー・ミー』は記憶を重視しすぎではないか。 子どもが見ているのを横目でちらっと見た感想だ。 だから、見る気がしない。 そもそも、人はその人を覚えている人がすべて死んだ時に二度目の死を迎える、ということはよく言われるが、この記憶され…

新しく使い始めたジュースアップというペン

ジュースアップというペンをようやく手に入れた。 文房具ソムリエの菅未里さんの記事を読んで、欲しいと思っていた。 定価210円。 今回は0.4のブルーブラックを選択した。 自分は、細すぎるペン先は警戒するので、中間の0.4を選んだ。 色は好きなブルーブラ…

備蓄用として「水に流せるポケットティッシュー」を買ったよ

セブンイレブンもまだマスクは品切れだ。 咳喘息持ちなので、ちょっと困っている。 もう職場での配給が頼みの綱だ。 そんなコンビニで「水に流せるポケットティッシュー」という商品があった。 ティッシュじゃなく「ティッシュー」と伸ばすのが気になって仕…

可能性の罠~アドラー心理学

昔から、勉強をしないのは、勉強しないことで勉強すれば俺はできると自分の可能性を維持できるからだと考えていた。 つまり、必死に勉強して大学受験に失敗してしまうと、勉強しても駄目なんだと全否定されると思い込んで、じゃあ勉強しなければ結果として大…

自分以外の何かへの関心

自分の心や気持ちにばかり注目しているとろくなことにならない。 何か自分以外の対象に没入するようにした方がよいだろう。 その没入の際にも、自分の心にとらわれず、できる限り対象そのものに向かうよう心がけた方がいい。具体的には投資の勉強なんか、い…

新型コロナウイルスに対して野家啓一『科学哲学への招待』

新型コロナウイルス騒動について考えていたら、ちょうど読んでいた野家啓一さんの『科学哲学への招待』が接続した。たとえば、国民の多くが専門家の言葉を信用せず、ワイドショーが起用する「専門家?」の言葉を信じてしまうのは、東日本大震災及び福島第一…

鍋焼きうどん問題は間違いかな?〜幸田露伴『五重塔』⑤

幸田露伴『五重塔』について5回目。 鍋焼きうどん問題は、私が間違っていたかもしれない。 其十三 長い源太の提案の後、十兵衛は一言でその提案を拒否してしまう。 其十四 夫の十兵衛に呆れて、言葉が走るお浪。 良くもこんなに言葉が出てくる。 最後に黙っ…

ある匿名ブログのCOVID-19についての事実誤認について

仕事の上で信頼できる情報源としてチェックしているブログで首をひねる事実誤認が見受けられた。 それはCOVID-19に関してのものだ。今回の新型コロナウイルスに関しては、感染症専門家ではない医者でも間違いが多いようだ。 だから仕方ないのかもしれないが…

納得と理解〜カント「啓蒙とは何か」①

新型コロナウイルスに関連して「納得と理解」というキーワードで色々考えながら、Twitterに連投している時に、ちょうどカント「啓蒙とは何かーー「啓蒙とは何か」という問いに答える」を再読して、冒頭部分で接続した。 啓蒙とは何か。それは人間が、みずか…

納得ではなく、理解しろ

鼻づまりで不眠。 Twitterを見てしまった。 「西日本新聞 たらい回し」で検索すると、ひどかった。 早く検査すれば、とか、みんな検査に感情的にこだわる。 それは納得を求めるからだ。 新型コロナウイルスの検査については、検査してもしなくても、その患者…

テレビのアンテナレベルが改善したよ

tv

地元チャンネルのテレビ映りがどうにも映りが悪い。 デジタルノイズが入る。 ブロックノイズというのか。 地上デジタル放送なのに映りが悪いとか、詐欺に思える。 アンテナレベルを見てみると、最大34とか、その程度。 「アンテナレベルが44未満の場合は、正…

自分をアホと認識

町田康『しらふで生きる』をアルコールをたしなみながら読んだ。 前半、ちょっと同工異曲の内容が続いて停滞したが、途中からビジネス書のように役立つ記述が増えてきた。 実は、お酒を止めたいと本書を手にとっても、なんでかよくわからんが、自分はお酒を…

オープンネガティブ〜『メンタル・タフネス』を読んだよ

ジム・レーヤー『メンタル・タフネス ストレスで強くなる』を読了した。 購入して、しばらく読んで、あれ?と思ったら、ジム・レーヤーは他の本をすでに読んでいた。 もう、記憶が曖昧になっている。 それでもいい。 繰り返し読むことで、メンタルがタフにな…

COVID-19アクション

2020年、発生は2019年だし、COVID-19なんだけど、実質、パニックになっているのは今年なので、新型コロナウイルスが流行ったことで、自分の様々なアクションを変えつつある。 まず、手で顔を触らないように心がけている。 これがなかなか難しい。 自分の癖に…

高野秀行六段

将棋のプロ棋士である高野秀行六段のインタビュー記事が良かった。 順位戦C級1組で藤井聡太七段と対戦する前後にそれぞれインタビューされて記事になっている。 インタビューしたのは岡部敬史さんというライターだ。 対局は藤井七段の勝利で、この勝ちでB…

COVID-19について〜不安と情報

新型コロナウイルスによる肺炎 COVID-19 について、不安だ。 不安だからツイートが増える。 そして、フォロワーが減る。 仕方ない。 2009年の新型インフルエンザの時を思い出す。専門家ではない自分にできることは少ない。 土日休日は、できる限り外出せず、…

明治の表象空間を読み始めて

図書館で松浦寿輝『明治の表象空間』を借りてきた。 幸田露伴について書かれているので読みたくなったのだ。 それにしても分厚い。 幸田露伴は555頁からだ、その554頁までは何が書いてあるのだろう。 確か松浦さんは東京大学の教授だったかと思うが、よくこ…

Think clearly〜みんな引きこもって読書しようぜ

『Think clearly』という本を読んだ。 流行っているっぽい。 装丁も流行りっぽい。 本書には、52個の思考の道具がおさめられている。 SFの9割はクズで、その他のジャンルも9割はクズだとしたら、52個のうち、自分に合って真に使えるのは5個ぐらいだろうか…

定年男子45歳

『定年男子 定年女子』という本を読んだ。 「45歳からの」とあって、ちょうど自分は45歳、また共著者の一人、大江英樹さんは自分が信用している経済コラムニストの一人だ。 ちなみに「経済コラムニスト」というのは、大江さんがTwitterのプロフィールに書い…

休日アパシー

出張後の土日、休日が無気力だ。 いわゆるアパシーと言えそうだ。 何もやる気が出ない。 土曜日の夜にレイトショーで映画『パラサイト』を見てきた。 これは妻のおすすめだったので、愛のために見てきた。 結果、おもしろかったので、よかった。 その他、自…

感染対策〜手洗いと食事とスマホとOK Google

新型コロナウイルスの影響で、一般の人にも感染対策が色々と浸透している。 手洗いは意識高くなっているだろう。 健康な人はマスク不要ということもさすがに少し浸透しつつあるのではないか。 その手洗いはしかし、自己流が多い。 そして、手洗いはしたが、…

出張定番ホテル

先日、一泊二日の出張があった。 泊まったホテルがちょうど良かった。 そこは駅から近い。 また、宿泊料金は朝食バイキング付きで安い。 さらに朝食後コーヒーを部屋に持ち帰ることができる。 それで部屋がオフィスになる。 出張の際は、なるべくホテルの部…

幸田露伴「五重塔」の時代設定について鍋焼きうどん問題が沼〜五重塔④

幸田露伴『五重塔』を読む4回目。 前回は、其十三の鍋焼きうどんで止まってしまった。 まだ、章の途中だが、鍋焼きうどんの呼び声が意外と大きな問題のような気がしてきた。 インターネットで検索すると、色んな人が鍋焼きうどんは、まず江戸末期に大阪で流…

ニーモシネとブラス万年筆で出張

出張前日は色々と準備をする。 その準備の一つとして、タイムスケジュールをOneNoteからニーモシネのメモパッドへ転記した。 ニーモシネのメモパッドは、A7サイズのブロックメモだ。 有名なロディアより紙質その他が優れているのでニーモシネを愛用している…

鍋焼きうどんと時代設定~五重塔③

幸田露伴『五重塔』を読む3回目。 出張があったりしてなかなか進まない。 其十 十兵衛の「やむにやまれぬ心」(八重の桜)が描かれる。 私は、綾瀬はるかさんが美しかった大河ドラマ『八重の桜』の確か2回目、やむにやまれぬ心というキーワードが心に残り…

世界平和への貢献~Chinese tourist

出張帰りの特急指定席で隣に女性、後ろに男性が座った。 二人はキャリーバッグをそれぞれ持っていて、おそらく中国人の旅行客のようだった。 隣同士の指定席が取れなかったのだろうか。 ちょっと迷ったが、席を立って振り返り、男性に日本語と身振りで、席を…

ブラス万年筆をニーモシネに合わせるとしっくり

万年筆は4本持っている。 これは少ない方だろう。 まだ沼には墜ちていない。 うち2本はカクノで、極細EFをトモエリバーのほぼ日手帳weeksをはじめフルに使っている。 細字Fもよく使っている。 ほとんどその2本で日常生活は済んでいる。 無印良品のアルミ…

マインクラフトの座標について

最近、マインクラフトで困っているのは、拠点間の移動である。 村が近くに点在してルート整備されている間はいい。 問題は、間に大きな森があったり、高い山脈が邪魔したり、村がなかなかなかったりする間の移動だ。 いつも使っているのはレベル2の地図だが…

インプットから30年後のアウトカム〜田中泰延さんと起業家たちの違い

田中泰延さんは若い時に、のちに上場企業を作り出す起業家のたまごたちと働いている。 名前を見ると、きら星のような面々だ。 田中泰延さんと他の起業家たちを分けたものは何か? ということを考えた時に、インプットとアウトプットの間の時間の距離の違いで…