所ジョージとパウル・ツェラン

昔読んだ『広告批評』に所ジョージさんのエッセイがあった。
その内容を今でも覚えていて、自分の指針となっている。
それは、会話において言葉をブーメランのようにどんどん投げる、というものだった。
もしかすると記憶違いもあるかも。
所ジョージさんは、言葉をどんどん投げるんだと。
ただし、ブーメランといっても、返ってくることをそれほど期待していない。
気楽に投げる。
時々、思いがけない方向からブーメランが返ってくることがあって、それがおもしろいんだ。
そういうエッセイだった。
それを読んで自分は他人との会話が気楽になった。
会話はキャッチボールでなければならない、という呪いから解放されたようだった。
どんどん言葉を投げる。
それがおもしろいと感じるようになった。
その言葉を、当時読み始めた現代思想や『STUDIO VOICE』などで研ぎ澄ます。
その作業に集中した。

ふと、その所ジョージさんの姿勢って、パウル・ツェランと接続すると思った。
私はツェランをよく知らない。
投瓶通信のように詩を書いた人だと理解している。
詩の言葉を瓶に入れて海に流す。
誰に届くかわからない。

それって所ジョージさんのブーメランと同じだよね。
ツェランの方が深刻、シリアスだが。

私は自分のメンタルを維持するために、ツェランの投瓶通信のようにではなく、所ジョージのブーメランのように言葉を投げることを若い時に学んだのだった。

言葉のブーメランのことは昔から書いている。
Twitterをする時の姿勢としても採用している。
そのブーメランは自分の頭に当たって血を流すこともあるという注意についても書いている。
それって、よく使われるブーメランですね。
自分に刃となって戻ってくるブーメラン。
それは覚悟して、気にしない、ってのが一番だと思います。
akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com

今年2024年はMDノートダイアリーを救ったよ

去年2023年はGWでほぼ日手帳weeksを救った。
akizukid.hatenablog.com
今年も同じGWにしんぷく(鹿児島の文房具屋)に行ってみました。


MDノートダイアリー〈新書〉が半額でした。
MDノートは昔、使ったことがあります。
紙質には信用があります。
おそらく万年筆キャップレスデシモでも書き味は良いでしょう。
akizukid.hatenablog.com
そのMDノートダイアリーを早速、活用していなかったトラベラーズノートのカバーにセットしてみました。
長さはカバーが上下に余りますが幅はちょうどいい。
何と言ってもトラベラーズノートのカバーは手触りが良いので、これで常に手持ちしたくなる手帳ができました。
2024年は紙の手帳を使わないと決めたのですが、MDノートダイアリーが半額なら仕方ありません。
救わざるをえない。
救ったら、使うしかない。
最近、右手が疲労しています。
おそらくマウスやキーボードの使い過ぎ。
手書きでゆっくり文字を書いた方がいい気がしています。
紙の手帳で、ゆっくりと思考しましょう。

デュアルトラックボールマウス~右手の疲労対策

右手の腱鞘炎手前の疲労感が強くなってきたので、職場に左手用のトラックボールマウス(エレコム)を持って行った。
これで右手のトラックボールマウス(ロジクール)と合わせて、デュアルトラックボールマウスとなった。
レシーバーをそれぞれUSBに差しこんだら問題なく2台同時に使えた。
両手トラックボールマウスだと、ちょっとロボット操作感がある。
先日買ったキーボードもエレコムだし、お世話になっている。
以前も書いたが、エレコムロジクールの差異は感じない。
仕事では右手が疲れたら左手を使うようにすればいい。
週末は右手を休めたい。
手書きを休むといいかな。

ちなみにスプラトゥーン3では最近、デュアルスイーパーカスタムもデュアルスイーパーも使っていない。
また使おうかな。
楽しいブキを使いたい。

エレコムの安い有線キーボードを買ったら仕事が快適になった

4月1日付けで異動した。
その席のデスクトップパソコンのキーボードが致命的に使いにくい。
古くなってキーボードが所々硬くなっている。
そのため指が疲労して、仕事にならない。
前任者はなぜこのキーボードで我慢できたのだろうか。
自費で買うことにした。
Amazonで安い、良さそうなキーボードをさくっと注文した。
それがエレコムのUSB有線接続キーボード。
TK-FCM108KBK
1,370円
箱に「サクサク軽い打ち心地」とある。
その通りだった。
軽い。
快適。
毎日仕事で何時間も叩くキーボードなので、これくらいの自己投資は安い。
次はちょっといいキーボードとレベルアップしていけばいい。
右手の疲労感はほぼない。
次はもう少しよいキーボードが欲しくなるだろう。
キーボードも沼の世界かもしれない。

異動初日は何もしないことを心がける

明日から4月1日、新年度です。
私は新しい部署へ異動します。
できる限り何もしないことを心がけています。
決断もしない。
新しい部署のことはほとんど何も知りません。
人も知らない。
知人はいますが、その人に偏向すると良くない。
そこで観察をメインにします。
インプットすること。
人の話を聞くこと。
状況を把握すること。
まずは情報が必要です。
財務・会計の仕事が長かった自分には、人事のことなど学ぶ必要がある領域があります。
初日は、辞令交付や異動先での挨拶周りなどもあり、気持ちは落ち着かないでしょう。
そんな状況で何かを決めることは極力避けた方がいいと考えています。
いつも思い出すのは、ジュリアーニ市長の方法です。
listfreak.com

  1. いつまでに決断しなければならないかを知る
  2. すぐに検討を始める
  3. 可能なかぎり時間をかけて熟慮する
  4. 考えを変えることをためらわない
  5. ぎりぎりまで決断せず、自らを中立に保つ
  6. 決断を下したら、それを固守する

孤独なポジションになりそうですが、すべては学びです。
とにかく異動先で信頼関係を構築しないことには色々と決めることはできません。
日曜日の黄昏時に、わくわくしてきました。
「おもしろくなってきやがったぜ」という次元大介の精神でやりましょう。

sekai no owariはロックではなくハックではないか試論

自分はそれほどSEKAI NO OWARIを聴いているわけではない。
しかし、Habitという曲が気に入って、最近毎日のようにリピートしている。
その歌詞を断片的に認識しつつ、これってライフハックだな、って思った。
Habitは習慣だが、ライフハッカーのようなウェブサイトを見ていると、習慣をいかに作るか、というのはライフハックの大きなポイントの一つになっている。
「世界の終わり」から来ているバンド名も、自分の世界の終わりである死を常に意識するようなライフハック的。
また、代表曲の一つであろう「RPG」は、ロールプレイングゲームのように生きるライフハックのようにも思える(聴いたことないし、歌詞も読んでいないのでまったく想像でしかないが)。
つまり、SEKAI NO OWARIはロックではなくハックなのだ。
そういう試論。
と、ここまで一気に書いて、放置していたんだけれど、展開が無いから、もうこのまま投稿しておくことにする。
ブログって、それくらいお気楽に書いて投稿すればいいんじゃないかと思った次第。

Habit

Habit

NHKから「NHK衛星放送受信確認のご案内」が届いたよ

届いた。
久しぶり。

衛星放送をご覧になれる方

「衛星契約」への契約種別の変更が必要となります。
見ることはできませんので、契約種別は変更しません。

衛星放送の視聴方法がお分かりにならない方

以下の受信設備はございますか?
個別アンテナも共同アンテナもありません。
ケーブルテレビでもありませんし、光回線も引いていません。
この「共同アンテナ」がトラップ罠で、アパートやマンション等の集合住宅に入居すると、NHKの職員(あえて委託先とは書かない、委託元のNHKが責任を持つべき)がやってきて「衛星放送が見れますよね」と圧力プレッシャーをかけてきたことは以前書いた。↓
akizukid.hatenablog.com
あれから僕たちはNHKを信じて来れたかな。
この「共同アンテナ」でのごちゃごちゃを経験して、賃貸一戸建て派に転向した。

衛星放送が受信できる設備 個別アンテナ、共同アンテナがある方

NHKは「衛星放送が受信できる設備」があれば、放送法32条に基づき、視聴者の意思に関係なく衛星契約すべきと主張してくる。
今回のご案内を見ると、テレビの端子が2口の場合、分波器が無くてもアンテナ線2本で衛星放送を受信できるようだ。
危ない。
これならNHKは「分波器が無いので衛星放送を受信できる設備はありません」という上記リンク先の論理ロジックは通用しないかもしれない。
テレビメーカーは余計なことをしてくれる。
やはりメーカーとしてはNHKに忖度して、できる限り「衛星放送が受信できる設備」になるようにテレビを作らざるをえないのか。
これは共同アンテナがある集合住宅に住んだらめんどくさいな。

衛星契約への変更

NHK衛星放送の受信が可能な場合は、「衛星契約」への契約種別の変更が必要となります。
これ、心底腹が立つな。