movie

映画『提報者』を見たよ〜韓国の「民心」怖い

韓国の「民心」って怖いよね。朴槿恵大統領弾劾に関する日経新聞の3/11記事を読んだタイミングで映画『提報者』を観た。 大統領府までテレビ局に圧力をかけてくるとは、まあフィクションだけどね。日本でも安倍政権がマスコミに圧力をかけているとか言われる…

見えないところで色んな人が働いている想像力"ヤシオリ作戦"〜BGM宇宙大戦争マーチ

死人とか出なくて良かった。事故前の対応がすべて成功した事例。 博多駅前の道路陥没のライブ映像がある↓ www3.nhk.or.jpこれに伊福部昭の宇宙大戦争マーチをBGMとして被せる↓Battle In Outer Space伊福部昭サウンドトラック¥150provided courtesy of iTunes…

動画の管理がめんどくさい

デジタルハイビジョンビデオカメラを買ったのを契機に、ハンディカムで撮影したDVテープをどうにかしないといけない。そう考えるよね。DVテープはやがて使えなくなる。見ることができなくなる。ハンディカムが壊れると再生できないのだ。今できるのは、ハン…

デジタルハイビジョンビデオカメラを買ったよ〜AVCHDかMP4で迷う

デシタルハイビジョンビデオカメラを買った。#panasonic 一つ前の機種なので34,800円まで安くなっていた。ハンディカム12年使ったのでそろそろと思っていた。デジタルハイビジョンビデオカメラを買った。パナソニックPanasonic、HC-V480Mという機種。後継機…

運動会のめんどくささを全力で味わう→デジタルビデオカメラを買おう

入園式とか心からめんどくさい。しかし、出席しなければいいというわけではなく、出ておけば後からよい思い出となる。 子育ても全般、そう。その時は楽しめない。でも後日、快い記憶となる。 そういう自分のメンタリティがわかってきた。 そうであれば、やる…

『シン・ゴジラ』見たよ〜これでしばらく働ける

『シン・ゴジラ』見た。平日、月曜日のレイトショー、TOHOシネマズ、客は少なかった。 しかし、隣の男性一人、客が少ないのに隣の席を選ばないでいただきたい。映画が始まるまでは少し嫌だった。タッチパネルで隣にいることはわかるだろうに。まあ、映画が始…

『ゼロ・ダーク・サーティ』を見たよ〜生きる気力が湧いてくる長い映画

下記「空中キャンプ」の記事を見て、見たくなった映画。 d.hatena.ne.jp<待機>は自分の言葉では「宙吊り」で、ずっと考えてきた。 主人公がひたすら「宙吊り」に耐える映画、しかも長い、となれば見るしかない。 ちなみに『ショア』は1時間で会場を出た。…

人生は長すぎる〜岩井俊二『MOVIEラボ』を見て

photo by edmundyeo実際の人生は不眠の時間も含めて長すぎる。映画やドラマに比べて。よって、その長さにいかに耐えるか、ということが生きる上で重要になってくる。そこに気晴らしや趣味というのが発生してくるのだろう。もしかしたら仕事もその長さに耐え…

連続ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』は作り手の距離感がおそらく完璧なドラマでした〜作り手が感情移入しない表現

photo by Jerad Hill Photographer月9でありながら、一見、期待できないキャストとタイトル、それが『デート〜恋とはどんなものかしら〜』でしたが、見事に期待を裏切られました。良質な韓国ドラマ、ラブコメに通じるクオリティで笑えて泣けるドラマ。 妻の…

是枝裕和監督『奇跡』〜地域おこしではない素晴らしいローカル映画

ネタバレが重要な映画では無いと思いますが、以下を読まれる時には念のため注意してください。

ゼロ・グラビティを映画館で観たよ〜物理学的なリアリティではないリアリティ

映画館で映画を観るのは何以来だろうか、思い出せません。 いつも一人で映画を観に行くのは後ろめたさから逃れられません。子どもたちを妻に任せるという後ろめたさ。しかし、『ゼロ・グラビティ』はどうしても映画館で3Dで観たかった。 妻も、行っておいで…

『鍵泥棒のメソッド』を見たよ〜良い意味で記憶に残らないスッキリする映画

映画『鍵泥棒のメソッド』をDVDで見ました。堺雅人ファンの妻が借りてきました。内田けんじ監督・脚本の作品はこれまでも見ています。↓ 「アフタースクール」を見たよ - シリアルポップな日々 「運命じゃない人」を見たよ - シリアルポップな日々 一言、おも…

「ツレがうつになりまして。」を妻と見てきました

映画「ツレがうつになりまして。」を見ました。平日に休みをとって妻と二人でデートです。 妻が堺雅人のファンなのです。 宮崎あおいとの篤姫コンビです。 おもしろかった。色々考えてました。切実というか、自分はうつ病への親和性を持ってるんじゃないかと…

自己犠牲じゃなく誰かを助けるということ〜ゴールデンスランバー

ふと『ゴールデンスランバー』の素晴らしさに気づいた。 主人公の青柳の逃亡を助けるみんなが無理をしていない、ということ。 できる範囲で助けている。 各自にはそれぞれの生活や家族があり、それらを犠牲にすることはない。 自己犠牲ではない。 そういうも…

伊坂幸太郎の世界における学生時代〜ゴールデンスランバーを見て

伊坂幸太郎の世界において学生時代は、最も美しき時代として描かれる。なんてな。 まだまだこれから考えることなんだけど、映画『ゴールデンスランバー』を見て思ったのは、やっぱ自分も学生時代が一番よかったな、ということ。サークル、恋愛、友人、文学、…

映画『ダークナイト』をようやく見たよ

2008-08-11 - 空中キャンプ id:zoot32さんが絶賛し、そのブログ「空中キャンプ」でのアンケートでも2008年の映画ナンバーワンに選ばれた『ダークナイト』をようやく見た。 圧倒された。 シリアスだけど嫌じゃないシリアス。 なぜかデフォルトで日本語吹…

「アメリカの夜」を映画館で観たよ

トリュフォー「アメリカの夜」を映画館で観ました。私は「映画に愛を込めて」が恥ずかしいのでつけません。 よかった。冒頭とラストに似たシーンをもってきてサンドイッチにしている。見ると映画を作りたくなる。 フェリーニ「8 1/2」と比較すると私はこちら…

「クヒオ大佐」を見ていた子ども二人とのショートコント

堺雅人主演の映画「クヒオ大佐」のDVDを見ていた時の子ども二人との会話がちょっとおもしろかったので書いてみます。 文字にするとおもしろさが伝わりにくそうなのが心配ですが。▼ 軍服を着たクヒオ大佐を見た5歳のKくんが、 「しゃちょうさん?」(社長さ…

始めてAmazonで購入した〜堺雅人主演「南極料理人」DVD

バレンタインデーのチョコレートのお返しに「南極料理人」のDVDを買いました。 妻に確認して、限定版じゃなくていい、ということでしたが、もらったチョコレートに比べてDVDが高いこともあり、少しでも安く買おうと初めてAmazonを利用しました。 今まではも…

映画「ラッシュライフ」 久しぶりにひどい映画を見た

久しぶりにひどい映画を見た。それが「ラッシュライフ」だ。 最初20分くらい声小さいし、暗い。無意味にグロい。 堺雅人が出てきてなんとか見られるようになる。 こういうのを芸術家気取りっていうのか。 もっとテンポよくできたかも、おかしくもできたかも…

「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見たよ

「ジェネラル・ルージュの凱旋」、、、例によって堺雅人もの。 しかし、妻と違って私は大学病院ものだから見る。 ロケは、岐阜大学医学部附属病院で行われたそうだ。1週間のロケであれだけのものを撮影したらしい。すごいな。というか岐阜大学病院はきれい…

「百万円と苦虫女」を見たよ

よくも悪くも蒼井優の映画だった。 うっすら退屈な日本映画、というのは決して外さない。 ピエール瀧が田舎の農家の独身長男という役を見事にこなしていた。 エンド・クレジットに「中村靖日」の名前を見つけたので、慌てて巻き戻して*1飲み会の席に宮田くん…

「運命じゃない人」を見たよ

「アフタースクール」の内田けんじ監督・脚本、「運命じゃない人」を見た。 最初30分のぬるい感じからどんどん話の裏が見えてきて、おもしろくなってくる。最初の30分も本当は油断して見ていては駄目だったのだ。 全てのキャストの方々の名前を知らない…

「機動戦士ガンダム」全43話毎日配信中と総選挙

『機動戦士ガンダム』全43話を1日1話ずつ無料配信中! 視聴はこちら!! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト なんとか第4話まで見ました。 毎日見る必要があるんですね。 お盆の帰省中とかちょっと厳しそうです。 連続43話は結構長いですが、…

「ぐるりのこと。」を見たよ

映画「ぐるりのこと。」を見た。 リリー・フランキー×木村多江。 ドラマを追いかけるほどではないものの、「白い巨塔」以来の木村多江ファンである私は今までこの作品を避けていました。 妻がDVDを借りてきたので見ました。 ▼ 見終わった感想、、、よかっ…

「亀は意外と速く泳ぐ」を見たよ

映画「亀は意外と速く泳ぐ」を見た。 上野樹里が見事に平凡な若い主婦を演じている。 でもスパイ。スパイとして平時は目立ってはいけない。フツーに生活しなくてはいけない。スパイだとお店も繁盛してはいけない。これがなかなかむずかしい。 ▼ 蒼井優の存在…

映画をたくさん見たよ〜「宇宙戦争」「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」「レッドクリフ PartI」「フライ,ダディ,フライ」

停電みたいにいきなり空が暗くなるという夢を見た。昨夜見た「宇宙戦争」のせいだ。 僕がSF映画に求めるのは、アメリカの家族の物語ではなく、単に特撮のすごさだ。それはすごかった。 トライポット*1が現われてからは、アメリカの家族の物語は抑えられ、と…

映画「蒲田行進曲」を見たよ

深作欣二監督で風間杜夫が出ているやつ、妻が100円レンタルで借りてきた。予備知識は、「風間杜夫」と「階段落ち」のみ。 見終えた感想、、、映画って自由なんだなと。何やってもいいんだよと思った。 痛快だった。 松坂慶子はキュートだった。 風間杜夫…

「ザ・マジックアワー」を見た

妻が借りてきた「ザ・マジックアワー」を見た。 佐藤浩一が「演じる」テ゛ラ富樫が、ボス(西田敏行)の前に進んでペーパーナイフを様々なパターンで舐めながら、「俺がデラ富樫だ」と繰り返す場面がサイコーだった。 本編終わった後に、そこだけ見たもん。 …

「中国女」を繰り返し見る4歳児

何がおもしろいのか、最近、4歳のKくんは「中国女」を録画したビデオテープを引っ張り出してきて繰り返し再生している。 ゴダールの「中国女」。僕の中ではトップ10に入る映画だ。 何がおもしろいんだと問われると説明に苦慮するが、BGMのように垂れ流し…