読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て中のアラフォーおやじのファッションについて考える

fashion 子育て

http://www.flickr.com/photos/41894159995@N01/8090559218
photo by cuttlefish

今、私が履いている靴は、メインでクロックス、スニーカーだとプーマのマジックテープ式のモノです。どちらも子どもを抱っこしていても簡単に履くことができます。子育て中は紐靴はめんどくさいですよね。

たとえば服に関しても、子育てにおいて汚れることを前提に選びます。つまり、がんがん洗濯できる服。高価ではない服。そうなるとユニクロとかベストですね。その他、無印良品のセールなどを狙います。
子育てしていてもおしゃれなパパ、、、自分は無理。若い時は無理してコム・デ・ギャルソンなどを買ったこともあります。しかし、着こなすことができませんでした。勉強代を払いました。

そうやっておしゃれよりは機能重視、価格重視で服を選んでいます。ユニクロ無印良品というのは、そこそこおしゃれで無難で高機能という高いコストパフォーマンスを持っているので子育てパパには便利でありがたいブランドです。
素材も色々と気を使わずに洗濯できる素材を選んでいます。
しかし、セールだからって買わないようにしています。本当に必要な服は、定価で購入していいですよね。ユニクロのチラシ、無印良品の季節のお買い得品には注意です。

大内順子さんが亡くなられました。「ファッション通信」はよく見ていました。どちらかと言うと自分が着る服より、女性のファッションの方に昔から興味があって、そのセンスを自分のスタイルに活かせていない気がします。

それから引越を契機に、今持っている服をガンガン着ることも意識しています。着ることなく、タンスに眠っている服は思い切って捨てていいかもしれません。Graham HillのTED動画でもそんなことが言われていましたね。

Graham Hill: Less stuff, more happiness - YouTube


捨てる時には、スマホで写真、画像を撮影して捨てると気持ちが捨てやすくなります。それはちょっとしたコツです。

そもそも平日は仕事でスーツなので私服は週末しか必要ありません。冬のズボンなどは、リーバイスが一本あればそれで事足ります。アインシュタインオバマ大統領じゃないですけれど、選択肢を少なくしておけば着る服で迷うこともありません。

私はツィギーみたいに痩せているので、襟のないTシャツが似合わないと思っています。ポロシャツとか。それから年齢が40歳に近くなって、長袖シャツの裾をズボンから出すスタイルがだらしないと思うようになっています。そうなるとベルトにも気を使わないといけません。休日も松浦弥太郎さんみたいなかっちりしたスタイルがいいのかなあ。

ふと冬のダウンなどは、彼女のを借りてもいいなと。十分着ることができます。痩せてることをメリットとして活かせばいいですよね。
冬のアウターはかさばるので、仕事でもプライベートでも着ることができるモノがいいと思っています。そんなアウターあるかな?

色々とアラフォーで痩せっぽちの父親にふさわしいファッションを模索中です。