Pixel 3aとポメラDM200をBluetooth接続したらむちゃくちゃ便利

ちょっと長いメールを書く必要に迫られた。
しかし、今、私のMacBook Airは充電できなくなっており、年明け以降、起動できていない。
物理キーボードはポメラDM200があるが、メール機能がない。
スマホはPixel 3aだが、フリック入力で長文メールはつらい。
、、、ふと、思いつきで、Pixel 3aとポメラDM200のBluetoothをオンにしてベアリングしてみた、、、あっさり接続できた!
早速、ポメラDM200のキーボードでスマホGmail本文を作成した。
アドレス選択や送信はスマホですればいい。
便利だ。
日本語と英語の入力切換はなぜかSHIFT+スペース、そのほかSHIFTを押しながらの文字がポメラ側の配列とズレているのがちょっと困る。
それでも、十分に使える。
しばらくして、Pixel 3a側の設定→システム→言語と入力→物理キーボード→長押ししてキーボードレイアウトの設定で「日本語109A配列」を選択したら、SHIFT文字がポメラDM200側のキーボードと一致するようになった!
理屈はわかっていないが、俺、えらい。
これでポメラスマホのキーボードとして使える。
こうなると、ますますMacBook Airが使えなくても困らない。
スマホとキーボードマシンのポメラがあれば十分ではないか。
このブログも、ポメラ作った下書きをアップロード機能ではてなブログの下書きにアップロードして、それをスマホ側のブラウザで修正や追記している。
もちろんポメラのキーボードをBluetooth接続している。
長文もさらさら書ける。
Pixelをポメラのディスプレイに立てかけるとちょうどいい。
ああ便利だ。