読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一回手帳選定委員会2016〜トラベラーズノートで統一したい野望

http://www.flickr.com/photos/9544998@N04/13942073118
photo by koalazymonkey

早くも第一回手帳選定委員会を開催しました。委員は私一人。定足数も一名。成立です。
来年2016年の手帳の選定、議題は「統一したい野望」です。
先日、2015年のツール記事を書きました↓

2015年のデジタル&アナログツール - シリアルポップな日々:serialpop days
ここで挙げたほぼ日手帳WEEKS、測量野帳、MDノート、トラベラーズノートを一つに統一する野望です。

トラベラーズノートの週間+メモというリフィルがあります。これはレフト式のカレンダーです。半年ごとの二冊に分かれています。よって分厚くはなりません。これに普通のノートを合わせて二冊セットすればほぼ日手帳WEEKSと同じ機能になります。日記もそのままメモノートに書いてしまえばいいですよね。
帰省や旅行、出張の際はメモノートを旅ノートに入れ替えることで対応できます。
こうすることで、ほぼ日手帳WEEKS、測量野帳、MDノートが不要となり、トラベラーズノート1冊に天下統一できます。これは魅力的なシナリオです。

今のほぼ日手帳WEEKSの使い方で、スーツの内ポケットに入れるとか、ジーンズの尻ポケットに突っ込んでとかいう使い方はしていません。必ずバッグに入れるので、トラベラーズノートのサイズ、重さでも問題無さそうです。

トラベラーズノートは使い終わった後のリフィルとしての保存が寂しい?そういう意見もあります。確かにプロダクトとしての完成度では、ほぼ日手帳WEEKSの方が上です。一年間使い終わって保存していると、デザインも含めてしっかりしています。しかし、トラベラーズノートのリフィルも悪くはありません。ハードカバーじゃなくてもいい感じです。この辺は好みの問題でしょうか。

ほぼ日手帳WEEKSと比べた時のトラベラーズノートの欠点としては、パタンと開かない、という点もあります。これは大きな欠点かもしれません。しかし、現在、時々、スタバにトラベラーズノートを持ちだした時に、その点が気になるかというとさほど気になりません。この欠点には目をつぶれそうです。

2016年の手帳はトラベラーズノートにしようという方向に今は傾いています。しかし、まずはほぼ日手帳WEEKS2015を使い倒しましょう。検討する時間はたっぷりあります。