ChromeでのEvernoteウェブクリッパーが不具合

パソコンはMacBook Air、ブラウザはGoogle Chrome、それでEvernoteにウェブクリップすると、スマホでノートを見た時に左端が切れて文字が読めない不具合が出る。
とりあえずFirefoxの方でウェブクリップすると問題ないので、それでしのぐ。
Twitterなどを検索してみるが、それらしい情報はなかった。

旅行も子育ても最中は楽しめない

僕は旅行を楽しめない。
旅行中は常に緊張して、リラックスできない。

同じように子育ても楽しめない。
常に苛々している。

しかし、旅行は後から振り返ると楽しかったと思える。
同じように子育ても後から振り返ると楽しかったなあと思えたらいいな。
そこに希望がある。
子育ての最中は苛々して、失敗してもいいのだ。
ああ、でも解放されるまで、長いなあ。
あと20年ぐらいか。
その頃には、ボロボロになっている。
もう自分のための時間も体力も気力も残っていない気がする。

でも、やるんだよ。

通勤電車はスマホ一本で

通勤電車ではスマホ一本に絞る。
スマホは片手で操作できるので、座ることができなくても使える。
ペンとノートは立った状態では使えない。
座ることができれば、ペンとノートを使えるが、状況に応じて使い分けるのはシンプルじゃない。
立っていようが、座っていようがスマホ一本に絞った方がわかりやすい。
ただスマホでゲームをやっては時間がもったいない。
Kindleアプリでの読書が基本だ。
読書なら時間の消費ではなく、投資になる。
Kindleもpaperwhiteを持っているが、これも座っていれば使いやすいが、通勤電車では不透明だ。
ここもスマホ一本に絞った方がいい。
別に書いたが、ブログもスマホで書くことができる。
ブログもまた投資だと思っている。
自分は言葉の人間なのでスマホのブラウザ経由でオーケーだ。
言葉にこだわった短くてシンプルな記事を書こう。

コロンビア戦は半端ない

ぐちゃぐちゃ文句つけたけど、応援したよ。
コロンビア戦。
とりあえず予約投稿しているので、まだ結果不明。
終わるまでは楽しめる。
予想が裏切られて喜ぶか。
予想通りでがっかりするか。
本田圭佑は先発したのか。
誰が活躍したのか。
渋谷は燃えているか。

結果は裏切られた。
サッカーって本当にわからないね。
おもしろかった。
西野監督、ごめんなさい。
大迫勇也、半端ない。
本田は先発から外れた。
ファルカオとか、オルテガは汚い。
岡崎慎司が目立たなかったのが気になる。
柴崎岳の怪我は大丈夫なのか。
ポーランドセネガルに負けたらしいので、南米とヨーロッパのチームを蹴落として、アジアとアフリカで予選突破しようぜ。
アジアが南米にワールドカップで勝つのは初めてらしい。
韓国より先に達成できたのはうれしいね。
でも、西野監督マイアミの奇跡の後になぜか予選敗退している。
安心できない。


大迫 、ハンパないって!!フルバージョン

ロシアワールドカップ完全選手名鑑 2018年 7/18 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊

子どものための本も自分が読む

Reading

子どものための本は、まず自分が読んでおもしろいかどうか。
買ってまず自分が読む。
自分がおもしろいと感じない本を子どもに勧める気にはならないよね。
そして、軽く本人に勧める。
無理強いはしない。
本棚に置いて放置する。
読むかどうかは本人次第だし、いつか読むかもしれない。
親としては、身近に本があるという環境を作るしかない。
ただ、どうせ買うなら自分が読んでおもしろい本にした方がいい。
そういう考え方できる買ったのが『数学ガール』だ。
いつか読んでくれたらラッキーだよね。
まあ、家の本棚に置いてあれば、可能性は飛躍的に高まる。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

メモしない読書

Reading

紙の本を読んでいてメモするのがめんどくさくなってきた。
メモしない読書でいいじゃん。
Kindle版であれば、簡単にハイライトできる。
紙の本が問題だ。
メモ止めよう。
読了後、頭に残るわずかな言葉。
それがあればいい。
本当に気になる、引っかかる本は何度も再読すればいい。
結局のところ、自分の脳内にインストールした言葉しか使えないのだから。

ロシアワールドカップが始まった。
その他、家庭の問題を抱えている。
読書の時間を減らさざるを得ない状況だ。
やはりメモしない、流れを止めない読書の方が今はいい。
生活をシンプルにしないと倒れてしまいそうだ。
重要なのはメモで記録することではなく、読書している時間である。

スマホでブログ活動

Digitales Bezahlen

諸事情から生活をできる限りシンプルにする案としてブログもスマホで投稿できないか試す。
Androidアプリは評価が低いので、ブラウザからトライ。
書いて投稿することには問題なさそうだ。
徹底的に言葉にこだわってシンプルに書けばいい。
スマホだと通勤電車でも書くことができる。
書くことが生きることだ。

今この車内にナタを持った殺人者がいたとしたら、大きな音漏れをしている若い男に真っ先に斬りつけるかもしれない。
その手の殺人者は、シャカシャカ音に対して強くむしゃくしゃしそうだからだ。
シャカシャカ男子にはそんな意識は無いだろう。

そうやって今、この場のリアルを言語化してブログに書くのもいいだろう。
Twitterと違い、予約投稿することで、しばらく寝かすことができる。
編集して補足することも、よりソリッドにすることもできる。

”ソリッド・ステイト・サバイバー”
それがテーマだ。
問題を抱えて、精神的にまいらないように生きるためのブログ活動。