読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラシャへの執着から逃れるための情熱を探して

love

sex

40歳を過ぎて中年になっても性欲が衰えない。それどころか、若い頃に比べて日々の生活そのものが平坦となり刺激がないせいか、かえってセックスへの執着が強くなっている気がする。
問題は、性欲やセックスに対する執着のギャップ。パートナーがセックスに対して貪欲でなかったりすると、そこからセックスレスになったり、極端な場合、片方が不倫などのめんどくさい方向へ走ってしまったりする。不倫とか色々、安定した関係や家庭を破壊する行為は心底うんざりする。めんどくさい。

そこでセックスへの執着をどうするかについて考えている。執着から逃れるために、そのエネルギーを何か別の対象に向けることができたらいいんじゃないかと考えている。たとえば読書や勉強に没頭していれば割とセックスを忘れていることができる。逆に、寝付きが悪い時の不眠時間などはセックスのことばかり考えてしまう。そんな時は起きて読書でもすればいい。あるいは今やっているみたいにブログを書くとか。ポケモンGOを起動して近所を歩きまわるのもいいかもしれない。一人、踊ってもいい。

40歳前後というのは、人生の達人のように見える糸井重里さんでも精神的な危機があったようで、サブカル鬱といった言葉もある。老化の始まりが「見える化」されるとか、仕事が安定してきて先が見えてしまったとか、色々と厳しい年代のようだ。
たぶん自分もそういった危うさを抱えていて、時々不安定になって、子どもたちに対して申し訳ない怒りをぶつけてしまったりしている。そんな折、小学六年生の息子を受験勉強をしないからと殺害した父親のニュース。やれん。
これじゃあよくない。
しかし、何かおかしなことをやることで正気を保っている、ということもあるだろう。町田康さんの小説の人物のように、働きもせずテレビの時代劇を見ながら踊る、といった狂気じみたアクションも正気を保つためには必要。他人を傷つけずに後戻りできる程度の狂気はよい。

自分にとって、情熱、パッションは何か。20年前は、それが恋愛だった。今はそういうわけにはいかない。

セックスに戻すと、フェティシズムは一つのヒントのように考えている。それによって、具体的なセックスやめんどくさい不倫を回避することができるのではないか。セックスという行為そのものではなく、そこから逸脱した欲望を美学の域まで洗練させること。

何か思考のきっかけになるのではないかと、以前に書いて放置していた下書きを下に↓

厄年になっても持て余している自らの性欲を言葉で微分していく試みを。たとえば村上春樹さん、村上龍さんの言葉はリアルではない。赤坂真理さん、藤沢周さんの言葉の方が相対的には自分の感覚に近い。それでも一致はしない。世代の問題ではない。たとえば中上健次さんの言葉であれば近いと感じるから。しかし、中上さんとはその他の面で色々と違うせいか、ぴったりとは来ない。たぶん体格の違いが大きい。体格は文章に現れる気がする。ガリガリ体格の自分は、やはり自分自身の言葉を見つける必要がある。

ちょっと待て、何で性欲を言葉にするような回りくどいことをしているんだ?確かに、手っ取り早くセックスするのが一番かも。ただ多分セックスの回数や人数をいくら重ねても、どこにもたどり着くことはできない。また、自分には妻である彼女が唯一の相手なのだ。率直に書くと、別に他の女性ともセックスすることはできるが、したいのは彼女。ガラシャに倒錯的な愛を抱いた細川忠興の気持ちがわかるような気がしてきた。
その彼女と自分のペースが異なるために、僕が工夫しないといけない。少ない回数での満足。そこで、言葉で微分する試みを。

セックスをしている時の感覚をすぐに忘れてしまう。これってなぜと思う。セックスの快楽や感覚がずっと続けばいいのに。そうすれば、もう少しセックスから解放されるかもしれない。しかし、この快楽の忘却には機能があるんじゃないか。
そういえば、堀江貴文さんが、食欲・性欲・睡眠欲は毎日リセットされる、ということを言っていた。むしろ記憶の方が後天的な機能なのかもしれない。
多分、記憶の方が不自然で人工的なんだと思う。たとえば、素晴らしくエロいグラビアアイドルの画像を見つけても、それを数日間見ていると飽きてしまう。
日々リセットされるもんだから、毎日やりたい、って思う。
毎日といっても強弱はある。本当に毎日やれば体力がもたない。

こうやって言葉で微分していく試み、は一つのアイデア
いや、とにかくセックスしたい、愛する彼女と。

akizukid.hatenablog.com

モノを増やさないために、普段はノートを使わない実験

stationery

Finishing off my Bangkok #travelnotes during lunch. #midoritravelersnotebook #midori #mtn #travelersnote #traveljournal #journaling #sketchnotes #notebooklove #notetaking

祖父母の家、2箇所はどちらももう誰も住んでいない。そして、モノであふれている。祖父母4人とも誰も整理できなかった。モノをためこんでしまうのは戦争経験者として仕方のないことか?しかし、膨大なモノを片付けなきゃいけないのは残された下の世代だ。
両親の世代では、妻の両親も含めて唯一、母だけはモノを減らすことを意識的に実践している。
今年2016年の夏の帰省では、段ボールに保管された自分の日記や手帳を処分できなかった。こういったモノは心理的に処分するのが難しい。であれば、最初からこういったモノを増やさないようにするのがベターだ。
そんなわけで、モノとしてのノートを増やしたくないと思った。実験として、A4裏紙メモを手書きのメインにしている。今までは、タスクも思索もすべて同じ紙に書いていた。そこに読書の引用も加わるとメモの消費量が半端ない。そこで2枚に分けた。分けてもA4コピー用紙2枚だけなのでたいしてかさばらず、どちらもシャツの胸ポケットにおさまる。日常的にはノートは使わないようにしている。
A4裏紙メモは埋めたら、必要な情報はEvernoteに転記して、スキャンしてPDF化して処分する。使うのはEvernoteに転記された情報だけで、PDFメモはたぶん読み返さない。

手持ちのノートはどうするか?

帰省を初め、仕事での出張など、旅をする時にはノートを持参して、思索を書こうと考えている。文字通りのトラベラーズノートだけじゃなく、すべてのノートをトラベラーズノートとして使うのだ。それくらいはノートを残していいんじゃないか。様々な大きさのノートが在庫としてあるので、数年はノートを買う必要は無さそう。買わなければ増えない。
また、手帳は年1冊使うようにする*1

古いノートもできる限り処分する。処分する際にはスキャンしてPDF化すれば心理的なハードルが下がるよね。

そういった様々な試みによって、自分の書いた言葉に対する物質的な執着を落としていく。執着が落ちてくれば、ノートもバンバン捨てることができるようになるかもしれない。

『あるミニマリストの物語』の作者がミニマリストになったきっかけとして大きかったのが、母の死だった。そのお母さんも膨大なモノを残して亡くなった。自分はまだ両親が健在で、残された膨大なモノを処分する経験が無い。そういった強い経験があれば、それがスイッチとなるかもしれない。

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,Joshua Fields Millburn,Ryan Nicodemus,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

*1:ただし2016年使っているトラベラーズノートのバーチカルは2冊で1組

1995年に青臭く片思いしていた時の酔っ払ったメモを見つけたので文字起こししてみる

love

今、現在、2016年、酔っている。その状態で紙類をどんどん整理していたら、小さな紙片が2枚出てきた。

21年前、大学1年生、1995年、おそらく当時入っていたサークルの飲み会の後に一人で部室に行って暗闇の中書きなぐったメモ。
赤ペンで。
判読が難しいが、できる限り文字に起こしてみる。
ちなみに「あのコ」は今の妻のことなので問題無し。当時、絶賛片思い中だった。
小沢健二の影響も見られる。たぶん当時の恋愛のテーマは『LIFE』だった。

以下、メモから

まっくらで、自分の時計の文字も見えない。
そんな中で1人でいると、
いろいろな思いが頭ん中でこんがらがって
どうしようもなくなる。
見えないのに、手の感覚だけでこれを書いている。
おまけに酔ってるし、メガネもかけてないし、
あとで読めるかどうか、ちゃんと文字にるっているか
どうかもわからない。
ひらき直ってしまった。酔って足がフラフラしている。
自己嫌悪できる程度に理性が残っているので
さらにいけない。ボン。
時計の音、ロケット花火、バイク野郎、月の光、
(裏へ)
ちゃんと裏まで書こう。
いま何時だ。あのコはもう眠ったのかな?
who? こんがらかってぶち切れて、
(判読できない)
メガネをはずして 物がぼやけて見える世界が、
よい世界のように思えてきた。
カオスだ混沌だ。
(判読できない)集団の中で浮いてしまってる。
1200円のビニールの透明のリックがほしい。
よし、あのコを誘ってどっか出かけよう。

(2枚目)
早く夜明けがこないかな。そしたら、家に戻って、風呂に
入って、(判読できない)さっぱりして、本をもって、図書館へ
こもろう。そして1200字のレポートを書くんだ。
5時になって、図書館からしめだされたら、
あのコにTELしよう。ねえ、明日ヒマ?
よかったら どっか行きませんか?
(判読できない)でピクニック なんてのもいいかな。
ダメだったら、★さんにワープロかりて、
レポートを打ち込んでやる、そして、レポートを片付けたら、
50万円目ざして 書きまくろう。
小説家になりきって、詩人になりきって、今日の自分を忘れて
(裏へ)
このまま書きつづけてると(判読できない)頭がおかしく
なるのかな。心配だ。不思議とこわくない この空間。
(数行判読できない)
まだまだ書けるぞ ねえ、ほんとにこれ読める?
読めたら、まずいかな?あのコって誰? Who? それはナイショなのさ
おわり


小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」 PV

LIFE

LIFE

実家に帰省して考えたこと〜方向性としてはエッセンシャル思考のミニマリスト

帰省 思索

https://www.instagram.com/p/BJB5QVCBiW2/
骨好きにはたまらない光景 #dinosaur

実家二カ所に帰省してきた。
色々と考えたことをブログにしてみる。実家では本を読んだりすることが意外とできないので、考えることが多い。
考えることは時間の流れに沿っているが、下記の記述は時系列ではない。

帰省の目的を一つに絞るぞ

帰省なんて実家を回って、病気や事故を回避して無事に家に帰ってくればそれだけで十分だと思う。家族の問題は色々あって、率直な話ができればいいんだけれど離れて暮らしていると難しい。そうやって先延ばしにした問題が、ある日噴出してオロオロするのもまた人生。
とは言え、一応、問題と認識している事項はすべてEvernoteにメモしておく。そうすれば日頃から考えることができるかもしれない。まあ、何もできなくても、覚悟はできる。覚悟するしかない。

車の運転が最重要事項。事故に合わないこと。5日間で600kmほどの距離。走る人にとってはたいしたことない距離かもしれない。しかし、運転が好きではない自分には重たい距離。妻と交替で。
片道7時間のドライブとなると、子ども三人が退屈して騒ぐ。熊本地震の影響で普段のルートの山道が通行止めになっていて、迂回路を余儀なくされた。大分県も道路交通情報の提供をスマートにして欲しい。Googleで検索しても通行止めルートが表示される。また、その道が運転しやすい道かどうか、そういった情報が皆無。個人的には多少遠回りになっても走りやすい道を走りたい。そういった検索ができない。

一年前に買ったサングラスは実に機能している。サングラスかけて運転することで疲労感がまったく違う。
akizukid.hatenablog.com

御船町の恐竜博物館へ行ったよ

御船町の恐竜博物館に行った。途中、益城町の中心部を通過した。通過しただけだが、熊本地震の被害が目の前にわかった。テレビで見た光景が目の前にある。
恐竜博物館では、サンドを捕まえた。これはポケモンGOの話。

トラベラーズノート

最近はトラベラーズノートのパスポートサイズを帰省時のノートとして使っている。このブログの元になった思考もメモしている。
今度からは、レギュラーサイズを泊まりがけの帰省や旅行には使おう。
なぜか。

今回の帰省では、父方の祖父母の家を見に行った。玄関に赤紙が貼ってあった。熊本地震で被害を受けたのだ。祖母はすでに亡くなっていて、祖父は施設に入っている。結果、人的被害は無かった。しかし、誰も住んでいない家はむちゃくちゃになっていた。潰れてはいないが、壁は崩れて、モノが散乱していた。
モノ、モノ、モノ。
母方の実家は、既に祖父母ともに亡くなっている。しかし、去年、見に行った時にはモノがそのまま残されていた。
要するに祖父母四人すべて、モノを処分していない。膨大なモノが残されている。くらくらする。
自分について考えると、今のペースでノートに書いていくとノートがどんどんたまる。これって、自分が死んだら処分しずらいモノとして残る。
そこで考えた。
普段はA4裏紙メモにすべてメモしよう。そして必要な情報はEvernoteに転記する。メモ用紙はスキャンして、紙そのものは捨てる。
残す紙は年1冊の手帳のみにしようというわけだ。

パスポートサイズは日帰りの旅行、たとえば誰かの結婚披露宴に出席するとか、そういう場合に使おう。
とにかく手持ちの在庫ノートはすべて「トラベラーズノート」として使う。旅の思索くらいは紙で残しておいていい。日常生活の思索はすべてA4裏紙メモに記載しよう。そうすることでモノとしてのノートが増えるのを幾分、抑制することができるだろう。

実家の私物整理

実家には日記や手帳が残っていた。
こういったモノは処分するのは難しい。
だから、こういうものを紙として残さないように心掛ける。
何冊か自分の家に持って帰った。
自分の家ではすべてのモノを一旦「白い棚」に置いてみる。「白い棚」はほぼ自分専用で使わせてもらっている棚だ。本でもCDでも一旦、この「白い棚」に置く。そして、検討する。この「白い棚」からあふれないようにモノを抑える。

方向としては、エッセンシャル思考のミニマリストだ。
実家ではまだ色々と考えたが、長くなるので一旦ここで。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,Joshua Fields Millburn,Ryan Nicodemus,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

『シン・ゴジラ』見たよ〜これでしばらく働ける

movie

SHIN-GODZILLA


シン・ゴジラ』見た。平日、月曜日のレイトショー、TOHOシネマズ、客は少なかった。
しかし、隣の男性一人、客が少ないのに隣の席を選ばないでいただきたい。映画が始まるまでは少し嫌だった。タッチパネルで隣にいることはわかるだろうに。まあ、映画が始まってしまえば気にならない。それくらいおもしろかった。

予告編が長くて寝そうになった。

海外の反応とかどうでもいい。
その他の反応もみんなに任せる。

これが日本の戦い方。政治家や官僚や自衛隊がかっこいい。書類、会議室及び法律で戦っている。

無駄の無い120分。ハリウッドみたいに家族愛や恋愛要素皆無。もちろんジャニーズもAKB48もエグザイルも石原軍団もたけし軍団吉本興業いない。そうだ、2020年東京オリンピックもそうしよう。

そう言えば、昔から遠くに現れたゴジラがこっちに向かってくる夢を時々見る。

シン・ゴジラがあれば自分も働ける。
翌日火曜日は寝不足だったが、長谷川博己モードで働いた。


ゴジラから紫の光が…!映画『シン・ゴジラ』新予告

荒木優太『これからのエリック・ホッファーのために』を読んだよ〜何か「研究」したくなる本

writing book

Eric Hoffer :: An American Odyssey

荒木優太さんの『これからのエリック・ホッファーのために』を読んだ。タイトルで読んだ。
中身は、エリック・ホッファーのことではなく、ホッファーのような日本の「在野研究者」を紹介する本である。
取り上げられた16人、いずれの在野研究者人生もおもしろい。知らなかった研究者もたくさん。読者は自分に合ったスタイルを好きに選べばいい。
読むと、「研究」をしたくなる、刺激的な本だった。自分の場合、問題は何を「研究」するか、である。情熱をかける対象が見当たらない。
まあ、今は興味、関心を多方面に広げておけばいい。その内、何か見つかるかもしれない。私はもう41歳だが、やりたくなったらいつになっても始めることができる。

研究するのに年齢制限など存在しない。それが何歳であったとしても、やりたくなったらやりたいだけやればいい。P108

高群逸枝の章を読んで、子どもは社会全体で守る、というアイデアはいいなと思った。うまい仕組みができないだろうか。国家の単位を夫婦から母子へ変えたらいいと思うが、自民党政権下では難しいだろう。夫婦別姓すら実現できない社会。赤松啓介の複婚制などはもっとラディカルでおもしろい。しかし、これは難しそう。最近、どこかで読んだ記憶があると思ったら、トーマス・セドラチェク『善と悪の経済学』だった↓

性的関係は強力な所有欲を刺激する。P164

こういった人間の情念から解放されないと複婚制は難しいだろうと思う。

自分は書斎やスペースを持たず、妻と子ども三人の家庭持ちであることから、その環境にあった「研究」対象を見つけた方が良さそう。
大学に文系不要論みたいな議論があったが、理系よりは在野でいける可能性は高い。どの大学も自ら学部を潰そうとは思わないだろうけれど、文系学部は国立大学には不要じゃね?と考えている官僚などはいそうな気がする。

どんな夢にも、現実とのネゴシエーションという政治的戦略が求められる。P31

各国立大学にも「政治的戦略」が求められているよね。

住んでいる土地も鹿児島県と東京都に比べると圧倒的に情報環境が不利。しかし、今いる場所でできることを考えればいい。

資料の入手の困難に、地方研究者の悩みがある。P41

発表はブログでもできる。ほぼコストゼロ。

繰り返すが、問題は何をやるかだ。
心得にあったが、細く長く続けられることがいい。長期戦を戦う。粘り強さ、grit グリットを発揮して。情熱大陸を発見できるか。

著者のツッコミが所々入るのもおもしろかった。色んな<あがき>があるという最後の心得も勇気が出る。ロックな感じ。

荒いけれど、投稿する。いや、ブログは荒いから投稿する。

これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得

これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得

第五回手帳選定委員会2017〜ジブン手帳Bizが急浮上

手帳

Techo

前回委員会では、2016年と同じくトラベラーズノートの週間バーチカルを継続する方針を確認していたが、ここに来てジブン手帳Biz(以下「Biz」)が候補として急浮上してきた。
akizukid.hatenablog.com
Bizは2017年から新しく発売されるらしい。似ているわけではないが、ほぼ日手帳がWEEKSを発売したのを思い出す。

週間バーチカルの中身だけ持ち運ぶ、というのは軽くて薄くて便利だが、カバーの無いトラベラーズノートは魅力に欠ける。ワクワクしないのだよ。そこにバーチカルタイプでそれ自体で魅力的な可能性を秘めたBizが発売される。
また、トラベラーズノートと違い、土日も平日と同じスペースと時間軸を確保しているのも素晴らしい。
サイズは217*138とトラベラーズノートより若干幅が広い感じか。
IDEAというメモ帳もセットできる。今は、スケジュールをトラベラーズノート、メモをモレスキンなどのノートと2冊に分かれているが、1冊にまとめることも可能だ。それも試してみたい。
値段は税抜でBiz本体が3,000円+IDEA(2冊)570円となる。月300円、1日10円のイメージ。

オリジナルのジブン手帳のトモエリバーに対してMIOペーパーを使っているらしい。トモエリバーを苦手としていたので、実際店頭で紙質を確認してみたい。MIOペーパーとフリクションボールとの相性は抜群に良いとのカスタマーレビューをAmazonで見た。スケジュール手帳ではフリクションボールで主に書き込むので良さそうだ。Bizの紙をトモエリバーではなくMIOペーパーにしたのはフリクションボールの使用を想定している?
手帳本体の手触り texture も重要。毎日使うモノだしね。9月8日発売?が楽しみ。しんぷくへ行こう。
www.kokuyo-st.co.jp

一方、トラベラーズノートを遊ばせるのはもったいないので、自宅で手書きでの思索やブログなどのネタ帳として、日記リフィルを挟んで使おうと考えている。

akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com