『LIFE SHIFT』を読んだよ~人生において必要となる無数の実験と失敗

リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット『LIFE SHIFT』を読んだよ。政府の政策が、本書のシナリオを採用しており、リンダ・グラットンは政府の委員としてたびたび日本を訪れている。読まないわけにはいかない。官僚と政治家は必ず読んでおくべき本だろう。大学関係者だって、必須の書だ。

忙しい師走でも「日本語版への序文」を立ち読みするだけでも意味がある。

長寿化社会においては、無数の実験および失敗を経験することが重要になる。「生涯を通じて「変身」を続ける覚悟」が必要なのだ。変化を受けいれること。個人的には、ベーシック・インカム(以下、BI)の社会になると、実験しやすくなると思う。失敗しても、BI がセーフティネットになるからだ。本書では BI に触れられてはいない。

本書にぴったりなロールモデルとして、ライフネット生命から APU の学長へ転身された出口治明さんを思った。その身軽さ、学習する姿勢は参考になる。これからの APU には注目だ。

自分のことを考えても、42歳からでもエクスプローラーになることが求められるかもしれない。大学浪人時代が、エクスプローラーだった気がするが、もう一度、「40代半ばの時期」p234 にそれが必要となる可能性。たとえば、自己の再創造(リ・クリエーション)としてどこかの博士課程に進学したい気もする。そのシナリオを想像してみる。

インディペンデント・プロデューサーは、山崎元さんがよく言われる「山崎商店」という考え方に近いと思った。自分を独立した企業とみなすのだ。企業が複数の事業を手がけるように、個人も複数の仕事をやるようになればいい。
自分がフリースタイルで働くシナリオを想像してみる。
とにかくシナリオは複数描いておくといい。ここぞというタイミングで飛び込めるようにね。

60歳ぐらいになって、子どもたちの進学に目処がついたら、中古住宅を購入して75歳ぐらいまで15年ほど住むことを考えていたが、90歳ぐらいまで30年ぐらいを考えないといけないかもしれない。そうなると中古ではどうだろうか?そういったことも本書を読むと考えさせられる。個人が色々と自分の頭で考えなければいけないのが人生100年時代なのだ。

人生100年時代を考えると、パートナーとの関係がますます重要になる。自分としては、妻と長く連れ添っていきたい。もちろん、袂を分かつ選択をする夫婦がいてもいいと思う。しかし、私は「長期にわたって相手と深く関わろうとする意思」p322 を妻に対しては維持したい。コミュニケーションを諦めないことだ。

無形の資産に対する意識を高めようと思った。お金に関する勉強はここ数年、山崎元さんを中心にかなり進めてきた。来年2018年は、無形資産への投資も意識してみよう。
たとえば人的ネットワーク。だが、自分はウィークタイズでいいと考えている。濃密な人間関係は勘弁したい。たとえば、自分が失業したとして、意外と Twitter でのつながりが突破口になりそうな気もしている。
現代の先進国では、3ステージの人生で、子どもと大人と高齢者が隔離されている、という指摘が紹介されている。たとえば、大学キャンパスなどは、もっと子どもや高齢者が入ってきて、混ざり合うといいと思う。リカレント教育というのは、そういうことではないか。多世代が混ざり合うことの教育的効果があると思う。また、熊本市議会で強引に赤ちゃんを連れて出席しようとした議員がいたが、大学などではそれこそ赤ちゃんを連れて、講義やゼミに出席してもいいではないか。泣いたら、ちょっと席を外せばいい。他の学生がちょっと赤ちゃんを抱っこしてあげるとか、そうした経験の学習効果は高いだろう。もっとおおらかでいいではないか、という寛容さも重要になってくるだろう。キレる老人に居場所はなくなるのだ。

『LIFE SHIFT』は、自分の頭で考えることを求める本だった。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

ノートパッドで自宅のタスク管理をする

クラフトデザインテクノロジーのノートパッドを持っている。貧乏性の私はこうしたちょっといい文房具をなかなか活用できない。もったいないと思うからだ。しかし、そんな人生はつまらない。どんどん使うべきだ。ツールにまつわる自己を消尽すること。そこで、今回、自宅でのタスク管理に使ってみることにした。実験だ。
https://www.instagram.com/p/BcHtHOdBONd/
#クラフトデザインテクノロジー #craftdesigntechnology #notepad を帰宅してからのタスク管理に使ってみると快適だ 書くスペースが広い 数日分が一枚に収まる 残したタスクもすぐ見える

方眼なので、タスク管理には向いている。頭に「・」を付けてタスクを記載する。A5サイズで広いので、自由に使える。タスクを並べる必要もなく、自由に配置できる。タスクを完了したら、チェックを入れて、横線で消す。ページが埋まったら、切り取って次のページへ。その際、残っているタスクは、やらなくていいと判断して消すか、次のページへ転記する。
コツは、細かいタスクもいちいち書くことだ。たとえば、食後のタスクとして、
・フルティフォーム
・うがい
と二つちゃんと書く。喘息の薬として、フルティフォームを吸入することはもちろんだが、その後のうがいを忘れがちになるので、タスクとして別々に記載した方がいい。
A5サイズで2~3日は使える。
切り取った用紙の裏紙を使うかどうかは、ちょっと考える。片面だけ使って捨てることができない貧乏性は仕方ない。切り取った用紙は、とりあえずクリアホルダーにためておこう。

自宅でのタスクは一覧できる方がいい。その点、スマホのタスク管理アプリより、アナログなノートパッドの方がすぐれている。なぜだろうか?自宅では、子ども対応など、自分のスケジュールやプランだけではタスクが進まないので、一覧することで、そのタイミングにふさわしいタスクを選びやすいからかもしれない。また、特に平日は仕事で疲れているので、頭も働かない。タスク一覧に従って、一つずつシングルタスクで淡々とこなしていくのが心地よい。
あと、タスク管理ツールは、自分が使って気持ちがいいものを使った方が、タスクそのものも進む。その点、このノートパッド、LIFE のようだ、は心地よさがある。
タスク管理には、気分を要素に組み込んだ方がいい。ツールやシステムとして心地よいと感じるように仕組みを作ることがコツだと思う。

週末に気付いたのは、A5の大きさだと、土日2日分のタスクを一緒に並べて書くことができる。タスクを土日にバランスよく配置するスケジューリングするのにいいね。

このノートパッドを使い切ったら、次何を買おう。選ぶのは楽しみ。ニーモシネ、ロディア、その他色々ありそう。安い方がいいが、書き心地がよくないと使っていて心地よくない。だから100円ショップは無しかな。ちょっとぐらい高い方がいいと思う。毎日使うツールはけちらない方がいい。

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5 方眼罫 N188A

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5 方眼罫 N188A

日経新聞もやめてみた

年賀状、Bullet Journal の週間予定ページに続いて、土曜日の日経新聞も止めてみた。
akizukid.hatenablog.com

今年2017年の初めに毎日配達してもらって月3,000円超を費やしていた地元新聞を止めてみた。その代わり、土曜日だけコンビニで日経新聞を買う習慣を始めた。日経新聞は情報量が多い。毎週、読み込むのに数日かかり、そこから記事をピックアップして切り取る作業が負担となっていた。そこに160円→180円の値上げがあった。そして、師走となり、今週末は次男が体調を崩したこともあり、情報量がいっぱいいっぱいとなっていた。そこで、土曜日の日経新聞も止めることにした。
これも実験だ。情報そのものを減らした方がいい。内省や読書の時間をその分増やしたい。そして、こうやってブログを書く時間に充てよう。
数独も、別に買ってやればいい。
日経新聞を読んでいるからって、仕事ができるようになるわけじゃないしね。また、日経新聞以外の国内全国紙はいずれも屑だと思っている。新聞に書いてある記事のほとんどについて、意見を持つ必要などない。それは叶美香さんから、学んだ。↓

ほとんどが他人様のことだ。日馬富士とか、財務省とか、モリカケとか、北朝鮮とか、M-1グランプリジャルジャルとか、どうでもいいことだ。そういったすべての事案に対して、自分の意見をもち、Twitterなどでつぶやくと、エネルギーを費やしてしまう。そういうことは止めてしまった方がいい。日経新聞は、まだ有用な情報が多いが、多すぎる。師走の自分には必要無い。もちろん、無理に買わないと決意しているわけではないので、ふらっと買うことがあってもいい。新聞とは、そういったつきあい方でいいと思う。

米子市立図書館「大人のための100選」何冊読んだことがあるか?数えてみた

米子市立図書館の読書の秋「大人のための100選」が話題らしい。下記リンク先から。Wordファイルかよ。
www.yonago-toshokan.jp

自分が、読んだことのある本を下記に並べてみる。

1.ツァラトゥストラかく語りき

ツァラトゥストラ〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

ツァラトゥストラ〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

ニーチェは翻訳があるものはほとんど読んでいる。抜群におもしろい。『この人を見よ』とかゲラゲラ笑えるので、いい相方みつけてM-1グランプリに出たらいいのに。
この人を見よ (光文社古典新訳文庫)

この人を見よ (光文社古典新訳文庫)

2.知の考古学

知の考古学 (河出文庫)

知の考古学 (河出文庫)

フーコーも読んでいるけれど、ほとんど忘れている。自分にとっての切実さは低い。

3.意味という病

意味という病 (講談社文芸文庫)

意味という病 (講談社文芸文庫)

大学浪人時代に柄谷行人さんはかなり読んだ。影響もかなり受けた。何で恥ずかしいと思うのだろう。

4.枯木灘

枯木灘 (河出文庫)

枯木灘 (河出文庫)

枯木灘』は何度も読んだ。ストーリーとか、血などに興味は無い。文章が気持ちいい。

5.ロリータ

ロリータ (新潮文庫)

ロリータ (新潮文庫)

読んだけれど、内容は忘れている。

6.オリエンタリズム

オリエンタリズム〈上〉 (平凡社ライブラリー)

オリエンタリズム〈上〉 (平凡社ライブラリー)

オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)

オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)

イード平凡社ライブラリーで読んでいる。個人的には『知識人とは何か』がおすすめ。
知識人とは何か (平凡社ライブラリー)

知識人とは何か (平凡社ライブラリー)

7.町でいちばんの美女

町でいちばんの美女 (新潮文庫)

町でいちばんの美女 (新潮文庫)

ブコウスキー大好き。翻訳はほとんど読んでいる。導入としては『死をポケットに入れて』が読みやすくて、最高。本書を常にポケットに入れておきたい。
死をポケットに入れて (河出文庫)

死をポケットに入れて (河出文庫)

8.都市空間のなかの文学

都市空間のなかの文学 (ちくま学芸文庫)

都市空間のなかの文学 (ちくま学芸文庫)

専攻が日本近代文学だったので、前田愛さんにも大きく影響を受けた。アイドルではない。男です。受験国語としてもよく問題文になっていた気がする。

9.からだ・こころ・生命

木村敏さんも一時期、大量に読んだ。中公新書『時間と自己』が入りやすい。これまた受験国語。
時間と自己 (中公新書 (674))

時間と自己 (中公新書 (674))

10.波止場日記

ホッファーもいいよね。サラリーマンでも、読書しようって思う。自伝もおすすめ。
エリック・ホッファー自伝―構想された真実

エリック・ホッファー自伝―構想された真実

総括

10冊か、意外と少ない。まだまだ読む本はたくさんあるな。逆に言えば、42歳という年齢を考えると、無駄な本を読んだり、情報収集に時間をかけている場合じゃないと思った。

Bullet Journal の週間予定ページを止めてみる

https://www.instagram.com/p/BYZLp7PBWvA/
#LOFT野帳 が151円だったので救出してきた。在庫が2冊になった。#測量野帳

年賀状に続いて、Bullet Journal の週間予定ページも止めてみようと思った。今、Bullet Journal は測量野帳のうち、セブンイレブンで販売している Loft野帳を使っている。手書きでレフト式の週間予定ページを書いて運用していた。しかし、最近、ジブン手帳mini をメインで使うようになってきて、スケジュール管理としては役割が被っていた。だったら、Bullet Journal の方を止めればいい。そういうわけで、手書きの週間予定ページを止めてみようと考えたわけ。
しかし!気付いてしまった。週間予定ページが無くなったら、それはもはや Bullet Journal じゃないんじゃないか。ただのメモ帳じゃん。
まあ、、、それでいい。キーは使うわけだし。といっても、自分が使っているキーは「・」のみ。タスクでも何でも「・」で済ませる。完了したり、転記したらチェックする。シンプル。自由でいい。
色んな縛りをほどいて自由になりたい。最近は中学生の長男からも自由になりたい。めんどくさい。厨二病前後って、親にとってはこんなにめんどくさいものだったのか。ごめんなさい。
とにかく、Bullet Journal は終了ということで、ただの測量野帳に戻ってガシガシ使う、メモするつもりだ。
測量野帳は、使ったお金などをメモしておいて、あとで家計簿に転記したりするのに便利だ。ちょっとしたメモのために、わざわざジブン手帳を開いて、IDEA にメモしようとか思わない。そこは、野帳が機能的だ。GTDでいうinbox的な機能として測量野帳はフィットする。

年賀状をやめてみる

LIFE SHIFT、人生100年時代に向けて、変化に慣れる必要がある。そこで実験だ。人生は実験の連続だ。まずは、年賀状を止めてみることにした。毎年、11月になると、写真をどうするか?デザインをどうするか?いつまでに注文すればいいか?など、タスクと選択と悩みが多かった。正直、大きなストレスだった。先日の尿管結石も年賀状のせいかもしれない。

師走になって、喘息の診察のために仕事を休みもらった。そうすると同じタイミングで次男が嘔吐した。師走っぽくなってきた。色々と重なってくる。やはり年賀状は止めよう。喘息や尿管結石を口実にして止めるのだ。自分のメンタルが第一。

『LIFE SHIFT』でも、長期的な人生における人間関係の重要性は強調されている。年賀状もバランスだ。こちらから送る人に対しても、写真付きではなく、印刷年賀状に自分の言葉を添えるという年賀状でいいと思う。押し付け気味の写真から、言葉でのコミュニケーションへシフトする。年賀状を考え直すことで、無形資産としての人間関係についても再考してみる。

早速コンビニで印刷されたお年玉付き年賀葉書5枚買ってきた。こちらから出すのは、恩師1枚のみにする。届いた年賀状に対しては年明け正月以降にしっかり読んで、考えて、丁寧に返事を書こうと考えている。さて、どうなることか。
こうなると、書く言葉を考えることになる。ずっと会っていない先生のことを考えて、何かを書く。その時間を費やす。しかし、子どもの写真に悩んだり、葉書のデザインに悩んで時間を費やすよりよいと思った。年賀状は手紙である。言葉がやはり大事なのだ。エッセンシャル思考で考えると、年賀状の本質は手紙であり、言葉である。

今年から万年筆を使い始めたので、カクノで書こうと思う。恩師はいつも万年筆で返事が返ってきていた。そこには手書きの良さがある。手書きには熱量がある。

不眠飲酒

深夜の早い時間に不眠で眠れなくなる。えいや、っと起きて、お湯を渡す。焼酎のお湯割りを濃いめで作る。それをぐっと飲む。ポメラDM200 を起動する。適当にファイルを開いて言葉を叩く。アルコールで緊張感を高めるやり方だ。

先日の尿道結石以来、怖くてアルコールが飲めなかった。ハイボールを飲んですぐに激痛が始まった記憶があったからだ。でも、ついに禁酒を破った。トランプ大統領みたいに誓ったわけではないので、どんどん破る。破天荒という言葉もある。一見、やりたい放題のトランプがまったくお酒を飲まない、というのもおもしろい。あれを素面でやっているのだ。

土曜日の夕方、ようやく本格的にハイボール缶を飲んだ。ハイボールは尿管結石以来初めてだ。もちろん、今回は激痛は走らなかった。頭ではハイボールが原因ではないとわかっている。しかし、心理的な抵抗感はあった。ハイボールが引き金を引いたというイメージだ。それは払拭できた。

日曜日の夜、眠れない。今度は、ブルーマンデー不眠だ。金曜日に喘息の診察のために仕事を休んだことも重たく心にのしかかってくる。メールがたまっているだろう。月曜日の打合せも憂鬱だ。色々なことから逃げ出したくなる。そこで、飲むことにした。初めてのハイボールセブンイレブンで「プライムハイボール」というのを見つけた。サントリー。アルコール8%。いいんじゃないか。
トヨトミの石油ファンヒーターは10分で E-0エラーを出して止まった。もう駄目だな。次は石油ストーブにする予定。コンセント不要なのがいい。
自分の場合、食事の時にアルコールは要らない。こういう不眠の友にアルコールがありがたい。そして、思考して言葉を叩く。そうすることでようやく眠りに就くことができる。
こうやってブログにすれば、ノートの消費量を気にすることもない。ポメラDM200 でデジタルにどんどん言葉を叩いても、データ量は大したことない。ブログにアップすれば、誰かが読んでもくれる。世界が広がるのだ。コメントも不要。誰かが読んでくれていると想像するだけで、自分はドン・キホーテのように戦うことができるのだ。

眠れるなら、アルコールは不要だ。最近、そう思う。妻が食事中に飲むタイプなので、それに引っ張られないことだ。自分のスタイルで飲めばいい。自分は、不眠の深夜に飲んで言葉にする、というスタイルでしばらくやってみようと思う。