千葉雅也『動きすぎてはいけない』はタイトルが素晴らしい哲学の本です

photo by Abode of Chaos タイトルがすべてではないか。「動きすぎてはいけない」。本当はこれだけで本の中身は白紙でいいのかもしれない。 そういうわけにもいかない。それでは博士号も取得できないし、出版してお金を得ることもできない。「非意味的切断」は、熱心でありながら執着しないこと、に通じるとふと思った…