早寝早起きでザウルスを使う

現在、締切を一つ抱えていまして、その作業をザウルスSL-C1000でやっています。問題が一つありまして、それは3歳の息子です。
息子の目の前でザウルスを取り出せば、すぐに奪い取られてしまいます。全く作業になりません。
そこで2つの方法を取るしかありません。

  1. トイレに籠もって作業する
  2. 息子が眠ってから作業する

ノートパソコンをトイレに持ち込んで作業するのはなかなか大変でしょうが、SL-C1000なら楽に作業できます。トイレでケータイメールをする人は結構いるでしょう。同じような感覚でザウルスならできます。
しかし、息子はトイレに入ってこようとし、鍵をかけるとぎゃあぎゃあ騒ぐのでなかなか集中できません。
そこで息子が眠ってからの作業が現実的です。

私のポイントとしては、自分が先に寝てしまうことです。息子はそれにつられて眠ってしまうことが多いのです。ただ自分が息子より先に熟睡してしまうことも多々ありますが、その時は深夜、鼻詰まりで目が覚めた時などを利用して起き上がりSL-C1000で作業します。パソコンのように起動に数分かかったりせずすぐに作業できるのはSL-C1000の優秀な点ですね。
眠りが断続的になり寝不足感があるのが難点です。