キャンプ男子ベランダー

https://www.instagram.com/p/BiVqOE5nefV/
ベランダに簡易テント張った #キャンプ男子ベランダー

俺は地方都市のキャンプ男子ベランダーだ。

先日、家族でお気楽なバンガローキャンプをやって以来、ずっとキャンプのことが気になっている。
ハードルが低いところで、まずはベランダから始めたらいいのではないか。
早速、検索してみたら、ベランダでキャンプを試みている人はいた。
同じようなことを思いつく人はいる。
同志よ。
同じ星を見上げるドン・キホーテよ。

ソロキャンプには以前から興味がある。
しかし、一人でキャンプ場にいくと、他人の視線が気になりそうだ。
自意識が邪魔して、落ち着かなさそうだ。
かといって、野田知佑さんみたいに、アラスカのユーコン川を一人でカヌー下りするほど、ぶっ飛んでもいない。
ベランダでキャンプ、というのはほどよいスタイルのような気がする。
まずは寝袋が必要だ。
今は、Amazonでアウトドア用品を検索するのが楽しい。
買うのは95点以上のモノのみ。
また、イオンなどのショッピングモールでは、アウトドア用品の実物を見てみたい。
実物を手にとってみて、直感で買いたい。
そのアウトドア用品を日常的に使いたい。
使い倒したい。
防災の訓練にもなる。

『植物男子ベランダー』というドラマがある。
おもしろい。
ハードボイルドの文体で、語られるのはベランダで植物を育てる中年男子の日常生活だ。
自分のスタイルでいい。
『一人を楽しむソロキャンプのすすめ』という本も読んでいるが、自分は自分のスタイルでキャンプを楽しみたい。
まずはベランダーかな。
ベランダでキャンプする。
そこから始める。

早速、自宅のベランダにサンシェードを張ってみた。
テントは持っていない。
また、仮にテントがあったとしても、テントを張るほどの広さはない。
ベランダに簡易テント、サンシェードは何度か張ったことがある。
この季節しかできない遊びだ。
5月もしくは11月の、気持ちよく晴れた休日。
冬は寒すぎるし、夏は暑すぎる。
先日の家族キャンプの時に購入したノースイーグルのバタフライレジャーテーブルを設置した。
うん、ちょうどいい。
その上には淹れたてのコーヒー。
そして、ポメラDM200。
書斎としてもすばらしい。
少し風が冷たく感じる心地よい朝だ。
階下で子どもが見ている『南極カチコチ大冒険』の音も聞こえない。
ここはアウトドアとインドアの境界線、borderだ。
そこがおもしろい。