読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸ポケットのペンは何がいいか

stationery

https://www.instagram.com/p/BF7xinDhWgD/
#zebra #minna ゼブラのミンナ。ミニボールペン。書きにくくてもミニボールペンが好き。裏紙メモ帳に挟んで胸ポケットが定位置。

シャツの胸ポケットに差すペンは何がいいか。

ゼブラminna

ゼブラのキャップ式ミニボールペン。これはポケットではなく、A4裏紙メモ(PocketMod)自体に挟む。そして胸ポケットに入れておく。

キャップ式のフリクションボール

胸ポケットにノック式のペンは入れない。インク漏れでシャツを汚すリスクが高いからだ。そこでキャップ式のフリクションボールがいい。

こだわらない

そんな折、minnaを紛失してしまった。悲しい。ペンはよく無くす。筆記具は消耗品と心得る。
だから、キャップ式だったら胸ポケットのペンなんて、何でもよくなってきた。こだわらないこと。

そんなこと考えていたら、無理に胸ポケットにペンを差す必要が無い気がしてきた。普段は見の周りに何かしらのペンがある。いざとなれば、家の鍵などに付けているペンポッドがある。

諦めた頃にminnaはみつかった。

書き味からすると、今はフリクションボールの書き味が一番気に入っている。消さない前提でもフリクションボールを使うことが多い。
フリクションのインク、経年変化は気になる。しかし、メモは長期保存するつもりで書いていないので、消えてもまあいい。

他に、ラミーピコというコンパクトなペンを持っている。ノック式だが、ペン先を収納すると本体が丸みをおびているのでポケットに入れても引っかからない。しかし、問題はインクが切れたこと。替芯を買いに「しんぷく」という鹿児島では大きな文房具屋に走ったが在庫が無かった。Amazonでは買い合わせ対象とか、2,000円未満は送料がかかるとか色々とめんどくさい。次は山形屋だろうか。あるいはオプシアミスミか。
そして、ラミーピコが復活すれば、無理に胸ポケットにペンを差す必要は無い。ポケットにラミーピコを入れておけばいいのだ。

akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com