読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年2017年の手帳はジブン手帳miniになったよ

前回、第五回手帳選定委員会2017の議事を確認する↓
akizukid.hatenablog.com
この委員会で議論となった土日の時間軸について、トラベラーズノートの週間バーチカルが2017年版はリニューアルしてきた。土日も平日と同じサイズで時間軸がついたのだ。
www.travelers-company.com
これは素晴らしい改善であり、この情報を入手した時点では2017年もトラベラーズノートになるかと思われた。
委員会の方向性としては、2017年から新しく発売されるジブン手帳Biz(以下「Biz」)がいいのではないか、ということだった。そのBizの実物を確認するため、先日9月8日に「文具のしんぷく」へ行ってきた。1年間、毎日手にする手帳は手触りtextureが圧倒的に重要である。私の妻となる女性も肌が圧倒的に重要である。

しんぷくにジブン手帳は並んでいた。残念ながらサンプルとして開封してある物は無く、中身を実際に見ることはできない。手触りもわからない。しかし、それより何より実際に手にしたBizはでかい!大きすぎる、というのが第一印象だった。また、大きいと重たい。うーん、これは悩む。
ちなみに対抗馬であるトラベラーズノートの2017年版はまだ店頭に並んでいなかった。
ふと、Bizと一緒に並んでいたジブン手帳mini(以下「mini」)のファーストキットを手にしてみた。DIARY、LIFE、IDEAの三冊セット。大きさは幅がトラベラーズノートと同じくらいで縦が短い。これなら大きすぎない。普段使っているユニクロショルバーバッグにも楽に入る。重さはそれなり。
迷った。店内を30分ほどうろうろしながら、頭はminiのことを考えていた。妻と大学で出会った頃のことを思い出した。というのは嘘だが、1995年当時キャンパス内をよく歩き回っていて常に彼女のことを考えていた。要するに、miniに一目惚れしたと言っていい。
ある眠れぬ夜を過ごした翌日に意を決して彼女に告白した。同じように気が付くとminiをレジに持って行って購入していた。しんぷくでは、税抜き価格から1割引で買うことができる。

家に帰って早速開封した。
カバーは透明なので中に自分の好きな紙やポストカードなどを入れると良さそう。早速、手持ちのポストカードを入れてみた↓
https://www.instagram.com/p/BKFff6wBhus/
#ジブン手帳mini を買った。カバーに塚本晋也バレット・バレエのポストカード入れてみた。ブラックで渋い。#ジブン手帳
塚本晋也監督『バレット・バレエ』、、、かっこいいね。飽きたら変える。2017年はminiを使って、それが定着するとは限らない。だから、高級な革カバーなどには手を出しにくい。この透明カバーをしばらくは使い倒そう。

当初、委員会などでは想定していなかったLIFE、これが便利そう。フォーマットがあるってことはこんなにも書き込みやすいのかと。家系図とか地味に便利。miniのDIARYは11月から使うことができるので、我慢するのはわずか2ヶ月弱。その間にLIFEを少しずつ書き込んでいけばいい。また、DIARYに載っている使用例を参考に2016年今のトラベラーズノート、バーチカルで実践してみよう。

まだまだジブン手帳miniに関して書きたいことは山程あるが、この辺で投稿しよう。
今後、他の手帳を目に、手にしないように気をつけよう。浮気は危険。不倫は絶対ダメ。