読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようやくサラサドライを手に入れた〜速乾性の素晴らしさとモレスキンの紙質の悪さ

stationery

https://www.instagram.com/p/BEAMKsRBWje/
#sarasadry #signort1 サラサドライをようやく手に入れた。

ようやくサラサドライを見つけて買った。黒の0.4にした。
測量野帳に書いてみた。思ったより水性っぽいぬるぬるした感じ。水性染料らしい。書いてすぐに手で触ってみるが、確かにドライで汚れない。これはこれでいい。シグノRT1と使い分ければいい。メインのペンになり得る。ただ、インクの出に不安定さを感じる。
モレスキンではどうだろう。モレスキンではシグノRT1との相性が良くなかった。書いて触ると汚れる。サラサドライではどうだろうか?
試してみた。さすがに書いてすぐ1秒も経たずにこすると一部汚れた。しかし、通常の使用ではシグノRT1よりはまし。モレスキンではサラサドライをメインで使おう。というか、そもそもモレスキンの紙質が良くないんだな。それにモレスキンだと裏抜けも若干感じた。
要するに、紙質ではモレスキンより測量野帳の方が圧倒的に優れている。

サラサドライのインクは低粘度のジェル状インク。超速乾ドライジェル。経年劣化はどうだろうか。こればかりは使ってみて数年経過してみないとはっきりしない。ジェットストリームよりはましだろうと期待する。

バインダークリップも挟みやすい。測量野帳に対しては、シグノRT1の方が挟みやすいし、上部に出っ張りが小さい。

しばらくはサラサドライとシグノRT1を並行して使っていくことになるだろう。

akizukid.hatenablog.com