読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私たちは「政治」に無縁ではいられない

writing

iPhoneを使うのも政治です

ブロガーの中には、意識的に政治的な話題を避ける人が多いようです。
しかし、そのブロガーがiPhoneをプッシュすれば、それもまた政治的な意味を持つことぐらいはおそらく意識しているはずです。
全世界に公開しているブログを書くのであれば、政治的にイノセントではいられません。
どうやらJobsはGoogleに喧嘩をしかけているように見えます。であれば、iPhoneiPadを無邪気にプッシュすることは、ある意味Googleと敵対する陣営に荷担することになることがありえます。
私は、Steeve Jobsのスタンフォード大学?での有名な演説を何度も繰り返し聞いています。すばらしいスピーチです。ですが、Jobsのビジネスのやり方は嫌いです。
今はHT-03Aを使っていますが、もしかしたらiPhoneに移る可能性も十分にあります。
それは矛盾ではありません。というか十分に存在できます。矛盾というのは、ニューヨークのスタバでトールラテを飲みながら同時に鹿児島市で桜島の噴火を眺めるようなことを言うのであって、Jobsを大嫌いでもiPhoneを使ってGoogleカレンダーでスケジュール管理をするということは十分ありです。こんなの矛盾でもなんでもありません。

Evernoteを使うのも政治です

上に同じ。


冷泉彰彦

アメリカ事情では、この人。JMMでの連絡はいつも熟読しています。NHKのニュースを見ているだけではわからないアメリカの複雑な政治事情などがよくわかります。

ネタフル!とテキサスバーガー

ネタフルでテキサスバーガーが絶賛されていました。その時は確かマクドナルドの試食会か何かに招待されていてのブログ記事のようでした。一方、ある一般ブロガーの人が身銭を切って買ったテキサスバーガーのしょぼさを記事にされていました。ネタフルの人が意識しているかどうかわかりませんが、無意識に政治的な記事ってありますよね。本人はそう思っていなくても、ネタフルぐらいになればその影響力は大きくて、テキサスバーガーがよかったよ、という記事はマクドナルドの大きな宣伝になります。しかし、そのテキサスバーガーは身銭を切って食べたものではなくて、マクドナルドから提供されたものです。そこらあたりを注意して我々は読む必要がありそうです。
念のために書いておきますが、ネタフル批判ではありません。こういうことをいちいち書かないといけないなあと思わせる日本の陰湿な言論世界があるような気がします。気にしすぎかもしれません。

政治的発言はツイッター

完全に匿名ではないツイッターは、政治的な信条などを発言するのに向いている気がします。木村盛世氏みたいな勇気は無くても、ツイッターであれば2ちゃんねるよりは無名ではないですね。ある程度の責任をもった発言ができます。
そして、日本住民が政治的な発言を交わす場としてツイッターはいいんじゃないでしょうか。今まであまり慣れていないので、つい感情的になったりしますよね。堀江貴文氏のツイートにいちいちつっかかる人がいるのは、日本の教育の問題のような気がします。

中国とGoogle

どっちが正しいということもなし。どっちも政治です。今後の推移を注目しておきたいニュースではあります。

そんなに熱くなるなよ

結論は特にありません。そんなに熱くなるなよ、とつっこまれそうかもしれませんと思って自分で書いておきます。
あと全般に思いつきで書いていますので、事実誤認があるかもしれませんが、大阪地検よりましだと思っています。