読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原稿用紙に手書きでブログを作ってみる

writing

「実験にいい悪いはない」、これは「情熱大陸」で見た生命科学者・上田泰己が言った言葉で、僕は原稿用紙に手書きで書いている。
 保坂和志「書きあぐねている人のための小説入門」を開いて、その中に、手書きで原稿用紙に書くことをすすめている箇所があった。早速、wordテンプレートを使って原稿用紙を印刷し、プラマンでこの文章を書いている。i-1692
 ブログにアップするので横書きにした。
 アップしたら原稿自体は破棄するので、裏紙に原稿用紙のマス目を印刷した。大きさはA4。
 4-hours writingと原稿用紙への手書きを組み合わせるとどうなるかという実験だ。
 原稿用紙だと文字数も一目でだいたいわかる。一つのエントリーで400〜800字を目安にすればいいだろうと思っている。A4で1〜2枚だ。
 保坂さんの意見については本を見てね。
 保坂さんは、B4サイズの400字詰め原稿用紙にパイロットのスーパー・プチというサインペンの中字の黒を使っているらしい。スーパー・プチ使ってみようかな。プラマンの代替になるか。

書きあぐねている人のための小説入門

書きあぐねている人のための小説入門