思索

逃げようとするからつまらない

たぶん仕事がつまらないのは、そこから逃げようとするからではないか。逃げるな、ではない。逃げてもいい。「逃げようとする」というのは、逃げたいけれど逃げない状態にとどまること。だから、つまらないのではないか。 逃げたいけれど逃げずにとどまる、と…

退屈〜killing time

日々の情報量が多い。もっと退屈な毎日にしないといけない。まったりとした午後に退屈な昼下がりの情事とか、いいね。他にやることもないから、裸で抱き合おうよ。 ベーシックインカム(ベーシック・インカム)関連で考えている「ヒマの過ごし方」(スチャダ…

ゴミを捨てない人たちと西郷隆盛

職場で共通のゴミ箱があると二種類の人に分かれる。ゴミを捨てる人と捨てない人だ。前者は、たまたま自分が捨てようとした時にゴミ箱がいっぱいだったとすると袋を縛って所定の場所に捨てる人だ。そして、新しいゴミ袋をセットして、自分の仕事に戻る。後者…

「秘密があなたを自由にする」

Twitter で見た「秘密があなたを自由にする」という言葉↓ グッと来た。最近、自由について考えていたから、その言葉が飛び込んできた。よくわからない地下のカフェとか、そういった秘密基地を大人になっても持ちましょう。というツイートだったが、マクドナ…

金曜日の夜に解放されて

金曜日の夜に夜更かししている。日付が変わった。昼寝しすぎた五歳児に23時に起こされたのがきっかけだ。そこから缶ハイボールを飲み始めた。翌朝、長男を駅まで車で送らなくてもいいので深夜でもアルコールが飲める。そして、Twitter や Instagram を見る。…

続いていること

なんだかんだで Twitter は止められない。ずっと続けている。また、ブログも長年続いている。続いていること、というのは自分に合っているのだろう。どちらも言葉中心だ。 言葉といえば、コンパクトなノートに言葉を書き付けるのも続いている。一方、手帳は…

不眠の怖さ

不眠が怖いのは「寝て忘れる」という最強の武器が奪われること。セックスレスでも、仕事がうまくいかなくても、寝て忘れることができていれば大丈夫。不眠の結果、「飲んで忘れる」とか「ラリって忘れる」に移行すると最悪のシナリオになる。寝不足はすべて…

飲みながらポメラ

土曜日の夕方、早めに缶ハイボールを飲み始める。最近はジムビームのハイボールがお気に入り。それはいい。だけど、飲みながら、何をする?世間の人々は、アルコールを一人で飲むときに、何をしているのだろうか?妻と会話しようと思ったが、スマホに集中し…

魂の午前三時に発狂して

魂の午前三時に、発狂してペンを探している。今日、替え芯を買ったばかりのシグノRT1 を紛失した。そもそも不眠のきっかけは、長男だ。午前1時半になっても勉強していたので、確認したら明日締切の夏休みの課題をやっていた。もう止めろと指示した。睡眠の…

幸福論〜自己の超克としての

椎名林檎 - 幸福論幸福論。ずっとそれを考えている。椎名林檎さんがデビューする前から。金持ちになるかどうか、関係無い。人生において、達成したいゴール・目的も無い。幸せを感じられるかどうか、ハッピーであるかどうか。それを考えて生きている。 最近…

魂を削って母の日の午後

#トリスハイボール 濃いめ。ダークサイドに取り込まれないために早めに飲み始めました。#ドラマcrisis の西島秀俊さんに言わせると、やり方を間違っているけど。金曜日の夜、お酒も飲まず倒れるように夜8時前に寝てしまった。まだ子どもたちがクレヨンしん…

中途半端な逃走論の実践

浅田彰さんの『逃走論』という本は、1984年の出版。その2年後、1986年には早くもちくま文庫として文庫化されて、手に取りやすくなった。自分が持っているのは、1992年11刷。たぶん大学浪人中だった1993年に買ったと思う。2017年の今、読み返していて、未だ…

観察力を磨くためにアートを見よう〜『観察力を磨く名画読解』

エイミー・E・ハーマン『観察力を磨く名画読解』を読んだ。 知覚の技法を学ぶことで、世界が変わる。アート作品を観ることは、その練習・訓練にぴったり。そういった内容だった。 常々、自分が上の空で生きていて、人や物事を観察できていない、という課題を…

糸井重里さんの凄さと40歳からの危機

浅田彰さんの『逃走論』の中に「本当にすぐれたプロというのはアマチュアであることをやめないひと」という言葉があって、すぐに思い付くのは株式会社ほぼ日の糸井重里さんだ。実際、浅田さんの文章(『広告批評』1983年3月号)でも別の箇所で糸井重里さんの…

主観のズレが人や組織を動かす

野中郁次郎さんの言葉 「人々を説得することで主観を客観にしてく」 「主観を客観化していく過程こそがイノベーション」 それらにインスピレーションを受けて、思いついたのが、主観のズレというコンセプト。 主観のズレがあると、伝言ゲームが発生する。人…

忖度について

森友学園の問題については、どうなっても関心が無い。ずっと考えているのは、「忖度」について。 官僚や政治家の世界に限らず、どの組織でも忖度はある。 勝手に偉い人の気持ちを忖度して、仕事を増やして、それを部下に丸投げする人はどの組織にでもいるだ…

切断する美学〜小学校の卒業式にて

飲み会の一次会の後、お店の外で二次会にも行かず、誰も言い出しっぺがいなくて、ダラダラしている時間が嫌いだから、さっさと帰ってしまう。一次会主義をとっている。先日、長男の小学校卒業式があった。感動以上に苦行だと感じた。元々のタイムスケジュー…

読みながらたくさん書いて考えた本〜楠木建『好きなようにしてください』

素晴らしいタイトル。勇気が出るタイトル。書名でやられた。 前回一度ブログに書いた↓ akizukid.hatenablog.com今回は、読了して書いている。読み終わるまで、1週間ほどかかった。時間がかかったのは、いちいちノートに言葉を書きながら読んだから。 ノート…

楠木建『好きなようにしてください』を読みながら考えている

自分の仕事の質は、他人が評価してくれるので自分でやる必要はない。思い悩む必要もない。とにかくガンガン書けばいい。 というのが『好きなようにしてください』の楠木建さんから学んだこと。 で、単行本なので、片手で開いて、両手でタッチタイピングはで…

澤野雅樹『起死回生の読書!』を読んだよ

挑発的な本でした。読者を挑発している。読了後にさらに進む意欲が湧いてくる。 毎年、一度読むのと良い。Evernoteにメモをとりながら読んだ。メモしたい箇所が多いので、途中から付箋を付けながら読んだ。そして、後でまとめてEvernoteに入力。その際もパソ…

「ニッポンのジレンマ」のメモから考えたことのメモ

正月にあった「ニッポンのジレンマ」という番組を録画して見た。確か去年の正月も見た。 メモをとりながら見たので、そのメモを元に考えて、考えたことをさらにメモ的に書いてみる。よって、事実 fact として間違っているところがあるかもしれない。見るだけ…

【メモ】アダム・スミスと承認欲求

アダム・スミスは『道徳感情論』で「承認欲求」について書いている。 以下の引用はすべてKindle版より。 観察されること、注目されること、共感、同情および是認をもって特別に留意されること、これが、我々がそこから引き出すといわれる利益のすべてである…

2016年紅白歌合戦のイエモンに感じたモヤモヤポイント

伊右衛門?お茶?じゃんくて、ザ・イエローモンキー THE YELLOW MONKEY、日本のロックバンドのイエモン。2016年の大晦日、紅白歌合戦に初出場して、代表曲の『JAM』を歌った。 その前には、朝日新聞に一面広告をうってJAMの歌詞を載せたらしい。直接は見てい…

ブコウスキーをポケットに入れて

ブコウスキーでは『死をポケットに入れて』ばかり読んでいる。文庫本じゃないと駄目だ。あとストーリーも要らない。「日記」として断片的に読めるのがいい。糸井重里さんが40歳の頃に釣りを始めたという話。ブコウスキーの場合は競馬なのか?しかし、いつも…

心が休まるのは死ぬ時だけだ、たぶん

100均のプラスチック製バイクが少し壊れて泣く四歳児に切れるおやじ。醜い土曜日の午後。 1時間も耐えきれず。 おやじは一人、二階に逃げる。逃げるは恥だが殴らずに済む。小さなCDラジオでアラブ・ストラップを流す。 冬の土曜日、子どもは放置しても勝手…

不眠の猿〜書くのは地味だが役に立つ

困ったな、不眠と性欲。猿だ猿。猿の性欲を知らないが、気分としては猿だ。 冷蔵庫に残していたコーヒーに牛乳を足してレンジでチンする。不眠にコーヒーをあてるのだから、やけっぱちだ。 何だろうね、この性欲。 先日の「ダーウィンが来た」だったか、猫の…

心の揺れを静めるためにこの文章を書くんだ

先日は朝から切れた。平日の朝の料理は無理だった。今思えば、何であそこまでおかしくなったのか。たぶん不眠も大きい。そこに料理のプレッシャーがかかって限界を超えた。泣いた。わめいた。人を殴ったりはしない。長女の言葉が、稼ぎが少ない自分へのあて…

金曜日の夜に色々放り出して逃げたくなる

金曜日の夜に、プティモンテリアスパークリングというお酒を飲んでいる。セブンイレブンで買えるスパークリングワイン。安い。307円。290mlでアルコール12%、軽く酔っぱらえる。たまに飲む。いたたまれなくなったからだ。 長男と真面目な話をした。受験につ…

月曜日の夜の苛立ち

月曜日の夜、激しい苛立ちに困っている。子どもに当たったりする。夏目金之助に近いが、殴りはしない。 週の初めだからだろうか。仕事に慣れずに苛々がたまったのかもしれない。 あるいは、セックスできないからだろうか。40歳過ぎても落ち着かない自分の性…

日曜日の午後の過ごし方

#熊本 に寄付されるということで #一番搾り 久しぶりのビールが美味。熊本にいる爺ちゃんが大腿骨骨折したんですが、さっき無事に手術終わったと。合併症なども無く。良かった。#熊本づくりブルーになってきたら、早めにアルコールを飲み始める。飲みながら…