駒崎弘樹『働き方革命』を読んだよ〜ゴールデンウィーク明けにおすすめ

駒崎弘樹さんの『働き方革命』を読んだよ。Twitterなどで知っていた。本は初めて。Kindle版。番号はその記載があった辺り。正確な引用ではないので注意。レバレッジメモのようなもの。Evernoteに書いたメモ。

GW明けに読んで仕事のやる気を高めるのに機能する本だと思う。連休明けに、仕事から逃げたいと思えばストレスになる。逃げずに正面から向き合った方がいいと思うし、この本はそういう姿勢を助けてくれる。

政治や経済に女性が参画している度合いGEM(Gender Empowerment Measurement)は世界54位 ベトナム以下 2009年辺り
しかし、日本の女性の教育水準は高いレベル
→可能性が大きい
家族関係予算 対GDP比0.75%(フランス、イギリス 約3%)
本の時間当たりの生産性は主要先進国7カ国中最下位
→この辺り2017年のデータはどうだろう?
→日本の生産性の低さって何が要因なんだろう?

「常に急きたてられるような気持ち」276
→自分がこれを感じている。

「働く」は他者への貢献 599
生きること=働く
働き方を変えることで、社会を変えられる。「働き方の革命」 604
→定義を変える。

他人は簡単にダメ出しする。悪気なくドリームキラーになる。だから、他人に言わなくていい。

仕事で「死んでもやらないといけないこと」714
→MIT(Most Important Task)

ダブルワーク制度 一つの業務を一人で抱え込まないように 846
→最近思うのは、無意識に業務を一人で抱え込む人がいるということ。そうすることで自分の価値を維持できると思っているのかもしれない。自分がいないと仕事が回らないと思いたいのだ。そして、常に大変さをアピールする。属人化を防ぎ、業務を引きはがす必要がある。

メール先頭に【してほしいこと】【期限】を必ず入れる 864
→【依頼〜5/8】といったのを件名に入れる

仕事を抱え込む人にはブラックボックスができてしまう
→そうすることで自分が組織にとって価値があると思いたいのだ。

部下のキャパシティや仕事のやり方は実際見えない。働き方は印象論で大きく左右される。936

仕組み化が進まないと属人的になって生産性が落ちる 999

オフィス近所のカフェで一人引きこもって考える→パーソナル引きこもりタイム
→仕事中にカフェには行けないので、空いている会議室などを利用する。自分の場合、自分の席だと周囲のキーボード音や独り言が気になるから、そういう時は書類等を持って会議室にこもる。

雑用=フラグメント(切れ端)1087

裁量権のある仕事
→今は、工夫次第でかなり裁量権がある。

業務の棚卸 1141

介護の問題 1262
→これは真剣に考えないといけない。妻も含めて4人の親がいる。妹とも話す必要があるか。

両親がもっとも喜ぶツール「孫」1298
→これは自分たちのできる親孝行だと思う。

老後の人生を楽しめるかどうか?

  • 好きなことをみつけているか?
  • 共有できる仲間がいるかどうか?

→老後の人生を楽しめる何かが見つからない。糸井重里さんにとっての釣りのような。そして、自分には仲間がいない。やっぱり老後に人間関係は重要だろうか。

「そうした常に追い立てられるような感覚から、僕は徐々に解放されていった。」1404
見えない不安→前進する僕を蝕む 1419

メンテナンス→だから、僕は休日には積極的に休む 1429
→これは子どもがいない感覚だと思った。子どもがいれば、休日も休むことはできない。

「働く」を拡張して、本業も含めてライフビジョンの追求そのものを「働く」とした 1435

パートナーに出会うのではなく、パートナーになっていく。

相手に期待するのではなく、自分が変わることで新しい関係性を創りだす。1461
インサイドアウト(七つの習慣)

いつもだったら早足で通り過ぎてしまうような家の近所の一角に、石碑がある。1488
ポケモンGOをするようになって、田の神や地蔵様に気付く。

今までは位置関係が中心だった町に、時間(歴史)という軸が組み込まれ、立体的になる。1493
無数の世界がミルフィーユのように折り重なり、関わり合っている 1501
ブラタモリのような感覚

営業系であれば成果を数値化するのは容易。しかし、サービスクオリティを高める部門や社内サービス系のチームは、数値化できないか、手間がかかりすぎる。1546
→自分がやっている財務系の仕事も数値化が難しい。

ダブルワークを徹底していなかった、わずかな隙をぬって、ミスはその銃口を突き付けてきたのだ。1574
→クロスチェックの重要性。チェックせずに押印する決裁は無意味。

「その日にやるべきことで最も重要なことを、朝の3時間で片付ける。朝はタイムリミットが明確なので、集中が強要される。重要だけれども気の重い仕事のオンパレードを、朝のテンションの高さで乗り切る。1590
→MIT

「働き方革命」のお陰で、キャパシティには余裕があった。1600
→普段の余裕が危機に活きる。

「いいか。政治家や官僚を機能させるのも、俺たちの『働く』の一部だ。(略)」 1660
→上の人間をいかに動かすか。そういう視点が欠けていて、正論だけ主張しても物事は進まない。

・マンガ『課長島耕作』(大企業で出世し、女にもてよう)というロールモデルではなくマンガ『マスターキートン』(世界にとって価値ある夢を追うため、無様な試行錯誤をいとわない)というロールモデル 1757
→ここで『MASTERキートン』が出て来るだけで、自分は駒崎弘樹さんという人を信用できると思った。

社会へのコミットメント 1762

本来ワークライフバランスは仕事の生産性を上げて、自らが自らの人生のポートフォリオを自己決定する、という自発的な概念 1780

2017年現在、働き方改革のベースになっているのは、駒崎弘樹さんなどが政府の会議に参加して発言したりした地道な活動がベースになっていると思う。

薩摩金山蔵のトロッコ列車はリアルでスローなビッグサンダーマウンテンだったよ

ゴールデンウィークの日帰り旅行で、いちき串木野薩摩金山蔵に行ってきた。かつての金山らしい。そして、しばらくはテーマパークだったようだが、そこが閉園した後、酒造会社が買い取って再利用しているようだ。坑道を利用して焼酎を造っているらしい。「ようだ」とか「らしい」とか多いのは、その辺りに興味が無いからだ。
元々、大隅半島へ出掛ける計画だったが、天気予報が雨模様ということで変更。金山蔵であれば雨でも見学できる。
そう、見学。坑道見学をトロッコ列車でする。700mほど、トロッコで走っていく。かなり涼しい。肌寒いくらい。そのトロッコ列車は、リアルでスローなビッグサンダーマウンテンという趣きだった。おもしろい。坑道ではポイントで案内人のおじさんが色々と説明をして、さらに7,560円の焼酎をすすめてくる。坑道内で保管、熟成させて指定の日に送ってくれるというサービス。それにしても高価なので、その辺りにも興味は無い。おじさんの説明は聞き流して、主に石を見たり触ったりした。ブラタモリの影響が大きい。
売店では、手頃な焼酎を買おうかと思ったが、妻が清酒を、ということだったので純米吟醸酒を買った。
純米酒純米吟醸酒の違いがわからない。
https://www.instagram.com/p/BTqjf5iB5tQ/
薩摩で唯一の清酒。を買ってみた。薩州正宗。どうなんだろう?


金山蔵の後に、串木野駅近くの「ゆのまえ食堂」で昼食を食べた。まぐろトロカツ定食910円。1,000超えない手頃な値段。カツはしっかりとマグロの味がして美味だった。通りから中に入ったところにあるが、串木野駅前から一本南のあけぼの町交差点を曲がれば、割とすぐに見つけることができると思う。
https://www.instagram.com/p/BTqgYTzhzJK/
お昼は、まぐろトロカツ定食を美味しくいただきました。妻はまぐろラーメン。
最初、若い男性の旅行者がいたりしたが、正午過ぎてからは地元のお客さんが多くなった感じ。
次はカツ丼を食べてみたい。

行きの途中に寄り道した市来観音ヶ池市民の森は、桜のスポットらしいが、既に葉桜。しかし、キャンプするのに良さそうな場所だった。テント張っているのは一組しかいなかった。夜は寒そうだが、この時期ならまだ蚊もいなさそう。

スマホはいざという時のために持っていったのですが、モバイルWi-Fiルーターを自宅待機にしてインターネットには繋がらない状態での日帰り旅行だった。それで写真を撮ったり、見たり、味わったりすることに集中することができてよかったと思う。インスタグラムも後から投稿すればいいしね。
今後も、努めてスマホは手放して外出したい。

ヤマト運輸の最近のニュースを見て、Amazonの店頭受取を試してみた

"Kuroneko" Yamato Transport Souvenir

働き方改革、ドライバー不足、再配達が大変など、一連のヤマト運輸さんのニュースを見て、初めてAmazonの店頭受取サービスを試してみた。
近所のファミリーマート(ファミマ)を指定。
今回はシャンプーとゴキブリ対策のブラックキャップを注文。2,000円超えるように。
翌日、コンビニに届いた旨のメールが。早いね。10日間ほどは置いてもらえるみたい。
受取手順は下記のとおり。慣れれば簡単。

商品の受取手

  1. ファミリーマート店内のFamiポートで「店頭受取サービス」を選択します
  2. Eメールでご案内した12桁の「お問い合わせ番号」を入力します
  3. Eメールでご案内した7桁の「認証番号」を入力します
  4. 「申込券」が出力されますので、30分以内にレジで商品をお受け取りください

結果

いい感じ。自転車でさっと走って受け取った。ずっと自宅で待ったり、ヤマト運輸とすれ違って再配達の手続きをしたりするより、シンプルでめんどくさくない。自分のタイミングで受取できるのもいい。
しかし、ファミポート経由で受け取るから、よくわからない紙がたくさん発生するよね。「領収書兼受取確認票(お客様控え)」とか。コンビニのレジで時間がかかると申し訳ない気持ちになる。それは、Amazon店頭受取とは別問題。
たぶん次回も店頭受取にすると思う。

クールビズでは、UFOパーフェクトペンシルを胸ポケットに入れている

https://www.instagram.com/p/BTfU3IChzzp/
#ufoパーフェクトペンシル 最近のメモセット。A4用紙をA7サイズまで折り畳んだものを #パーフェクトペンシル と一緒にポケットに。ボールペン等はインク漏れのリスクがあるのでポケットには入れない。鉛筆は短くなったものを子どもたちから回収して。

クールビズがスタートした。最近は、UFOパーフェクトペンシルをシャツの胸ポケットに入れることが多い。UFOパーフェクトペンシルは、要するに鉛筆キャップなのだが、値段が高くて、その分質感も高い。鉛筆削りがセットになっている。
そのパーフェクトペンシルとA4用紙をA7サイズまで折り畳んだメモ用紙をセットにしている。
たとえば休日などは、動き回ることが多いので、ジブン手帳miniは持ち歩きにくい。そういう時は、このセットでメモしている。タスクリストがメインの使い方になる。
最近、ボールペン等はインク漏れのリスクがあるのでポケットには入れない。仕事中も胸ポケットにペンを差したりしない。
パーフェクトペンシル用の鉛筆は短くなったものを子どもたちから回収して使っている。短い鉛筆を使うことで、ポケットに入れやすい。鉛筆もぎりぎりまで使える。
仕事中は、鉛筆を削る時間が、ちょっとしたアクセントや休憩になる。所作をゆっくりとするのにもいい。煙草を吸うよりいいですよね。
このパーフェクトペンシルはちょうど10年前に買ったもの。使わなくなる時間もあれば、こうやって使い始めることもある。気分によって長く付き合っている。

UFOパーフェクトペンシルより安い、手軽なパーフェクトペンシルがあるので、人にはそちらを勧めたい。

akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com


モレスキンが復活しても迷うノートの取扱い

Moleskine

モレスキンが復活して moleskid が帰還したのだが、今でも迷う。迷うからこそ、moleskid だ。
モレスキンは書き終えた後、ノートというモノが残る。そこがいいところでもあり、鬱陶しいところでもある。たくさんのノートがたまってくると重たい。また、たくさんメモすればするほど重たくなる。
その点が気になるのであれば、薄いメモ帳でコピー用紙にメモをして、それをスキャンしてPDFで保存するというのが場所をとらない。重たくない。ただ、それは味気ない。

たとえばモレスキン1冊を3ヶ月で使うと、年間4冊になる。これから20年で合計80冊、、、うーん重たそう。死んだ時、そんな大量のノートを残されて家族は困らないか?
自分が死んだ後のモレスキン。それをモレスキン好きの人たちは考えているだろうか。

最近はモレスキンを使っていない。測量野帳を初め、色んなノートの在庫があるので、それを使っている。ポケットノートとして、スーツの内ポケットなどに入れておく用途。ナンバーを付けて経時的に記載するノートは、ジブン手帳miniのIDEAになっている。それをナンバーノートと呼んでいる。ポケットノートの方は、inbox的に何でも書いておく。必要があればIDEAやEvernoteに転記するような運用。
メモは厳選している。それほど書かない。そうであれば、ノートの数が少しくらいたまってもいいだろう。歳をとって暇を持て余すようになれば自分が書き溜めたノートを読み返すのもよい。

1994年の手帳がある。A5ノートサイズなので持ち運びには大きめ。よって基本的にデスク置きなのだろう。これをほとんど使っていなかった。1990年代後半の学生時代には言葉やイメージをびっしり埋めていた。それを再開した。言葉中心にびっしり埋める。日記というか、本の引用など何でも書いている。時にはバッグにこのノートを入れてカフェなどに行く。スマホなどを使わずに、アナログ時間で、カフェでびっしり書く。こういう時には万年筆がしっくりくる。今は安いカクノを使っている。気楽に持ち歩ける万年筆として素晴らしい。
これもまた在庫ノートである。在庫を使い切った時に、またモレスキンに戻るかどうか。moleskidは迷い続ける。

akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com
akizukid.hatenablog.com


モレスキン 人生を入れる61の使い方

モレスキン 人生を入れる61の使い方

観察力を磨くためにアートを見よう〜『観察力を磨く名画読解』

エイミー・E・ハーマン『観察力を磨く名画読解』を読んだ。
知覚の技法を学ぶことで、世界が変わる。アート作品を観ることは、その練習・訓練にぴったり。そういった内容だった。
常々、自分が上の空で生きていて、人や物事を観察できていない、という課題を自覚していたので、すっと入ってくる本だった。

人は目ではなく、脳で見ている。だから、訓練する必要がある。
たとえば芸術作品は、解説などを読む前に、まずはじっと作品そのものを見た方がいい。できる限り長い時間。5分、10分、1時間。自分も以前から美術館などに行くと、まずはざっと順路に沿って作品を眺め、最も気になる作品を30分以上、できる限り眺める練習をしている。

エドワード・ホッパーの絵って、奇妙な雰囲気が気になる。

細部の重要性。集中して注意するためにはシングルタスクが良さそうだ。その訓練として、本を一冊だけ読むようにしている。並行読書は控えている。

記憶は修正される。記憶は事実ではないので注意。

陰性所見。何が無いか?を意識的に考えてみる。
健康というのがそうで、咳が出ない、鼻詰まりが気にならない、とかなかなか意識できない。咳が出たり、鼻が詰まって初めて健康を意識する。

「部下は上司の期待を満たすために情報の溝を埋めようとしがち」これには本当に注意した方がいい。情報に事実以外の主観が混じる。少なくとも事実と主観や解釈をしっかり分ける必要性がある。
自分の場合、仕事中ついしゃべりすぎてしまうので、注意が必要だ。

「コミュニケーションの不具合」が色んな問題の原因。しかし、そのズレが何か思いがけないものを生み出す可能性も考えている。「主観のズレ」というコンセプトで、イノベーションに資することができないか。

不都合な真実から目を背けずに、不快な状態に慣れること。マッチョな姿勢。真のリーダーは、危機にも、不快な会話にも淡々と対処する。フラット。最近、中学生になった長男が何を考えているのか、さっぱりわからない。しかし、その状況にもフラットに淡々と対処しよう。

子どもに対しては、わかりやすく率直なコミュニケーションを心がける。妻に対しても率直でいい。複雑なコミュニケーションは会社で十分。家族関係を複雑化しない方がいい。

感情的になったら、アートを鑑賞するときのように、一歩下がって全体を見わたす。それって、まさしく夏目漱石草枕』の「非人情」の視点だよなあ。そうやって色々な概念がつながる。読書は機械だと感じる。

ふと「ブラタモリ」を見ていて、観察力を磨くブラタモリとも言えると感じた。ここにも接続できる。こういう接続は、ドゥルーズ的なものを感じる。接続するための読書。その意味で『観察力を磨く名画読解』はしっかり機能したようだ。

観察力を磨く 名画読解

観察力を磨く 名画読解

南野忠晴さん『シアワセなお金の使い方』は子どもに読ませたい本だった

岩波ジュニア新書『シアワセなお金の使い方』を読んだ。著者の南部さんは、家庭科の教員とのこと。
まず、家庭科で「お金とのつきあい方」を教えるってことを初めて知った。自分の記憶はまったく無い。いや、家庭科じゃ駄目だろう。個人的には、マネーリテラシーは科目として独立させるべきだと思う。必須科目だよ。まあ、学校に期待できなければ、自分で優れた「教科書」を読めばいい。山崎元さんの本とか、ぴったりだが、この南部さんの本も良い。

1966年の「国際人権規約」で「学費無償化に向けて努力する」とあって、1979年、日本は留保したらしい。なんで?そして、今、ようやく安倍政権は学費無償化に向けて動いている。この一点だけでも、安倍政権を支持したい。財務省は反対だろう。しかし、この留保の点、そして今まで無償化を実現できていないのは、教育行政、文部科学省の敗北の歴史なんだろう。負けを認めないといけない。周囲を見ても、負けや失敗を認めずにずるずる泥沼にはまる場合が多い。

南野流「ワークライフバランス」では、ワークを社会的な活動の時間として定義している。自分以外の誰かのために使う時間。これは先日、読んだ駒崎弘樹さんとほとんど同じ「働く」定義だと思った。読書がつながった。つながる快楽をこういう時に感じる。
この定義による「ワーク的幸福感」は1日30回10年続いても苦痛にはならない。確かに。必ずしも、自分のためだけに生きることがハッピーにつながらないのだ。社会的な労働は、人のためのみならず、自分のためにもなる。ボランティアを大学受験や就職活動の要素にしてしまうとその辺りの感覚がおかしくなりそう。

自分らしさとは、非常にリアルな「チョイス(選択)」のこと。そこにお金がからんでくる。選択の連続。自信をもって選択するための判断基準となる「価値観」をいかにつくるか。日々の選択に意識的になること。

[ワーク]究極のひとり暮らしはおもしろい。自分もプチ書斎で実践してみようと思う。ほとんどの道具をとりあえず段ボールに放り込んで、押入れにしまってしまえばいい。最小限のツールでスタートするのだ。何か必要と思ってもすぐには買わずリスト化する。自分の場合、スマホのタスクリストがあり、ジブン手帳miniもある。本当に欲しいものを吟味して、「心をときめかせながら」買う。ときめきとか、丸でこんまりだな。
がらんとした部屋に住んでいたらしいスティーブ・ジョブズを思い出した。

持たない生活で余分なものをそぎ落とし、世間の雑音をシャットダウンして、自分の本当の声を聞くことから始めたい。

ミニマリストに通じる思考だろう。

予算は「自分らしさ」の表現。そして、決算は見通しが正しかったか点検。駄目なところは次の予算で修正。

本当にやりたいことがあるのなら、お金があってもなくても、とにかくやり始めなければいけない

結果、そこに補助金が付いたり付かなかったりする。しかし、補助金が無くても、減額されてもやらなきゃいけない。その覚悟とプランがあるかどうかが勝負になる。
予算は一種の作品。アートなんだよね。作る側からすると。財務省の主計官や主計官補佐は、命を削って毎年予算案を作っていると思う。それを正面から審議せずに、森友学園問題ばかりの国会議員とか。

「所有」は文明の発達とともにつくられた、抽象的な概念の一つ。「所有」のためにではなく、「シェア」のためにお金を使う。シェアリングエコノミー。
お金を使うこと=投票行動フェアトレードなど。素晴らしい商品は、きちんと定価で買うことが重要だと思う。たとえばKindleで読んで良かった本は紙でも買って本棚に置いておけば子どもたちも読める。著者への支援にもなる。

お金をどう使うか、のヒントがたくさんある本だった。子どもたちにもすすめよう。読むかどうかは、「課題の分離」(アドラー)で当人たちに任せるとして。